ヤマハ、鈴鹿8耐3連覇への感謝と次なるチャレンジに向け祝賀会を開催

ヤマハ発動機は、“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会で同社史上初となる鈴鹿8耐3連覇を達成し、スポンサー、サプライヤー、チーム・ヤマハ関係者が一堂に介しての「YAMAHA FACTORY RACING TEAM 鈴鹿8耐3連覇 祝賀会」を8月23日(水)に開催した。

祝賀会は、木村隆昭代表取締役 副社長やスポンサー、中須賀克行選手、吉川和多留監督らによる鏡開きからスタート。
その後は、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のメンバー紹介、3連覇を振り返るスライドショー、辻幸一MS開発部部長や吉川監督らによる裏話を交えたトークショーなどを実施。

それぞれが3連覇の喜びを分かち合うとともに、関係者への感謝と、さらなる強固な絆の構築、そしてこれからも続いていくチャレンジに向けての英気を養った。

ヤマハが初の鈴鹿8耐3連覇達成

■木村隆昭談(代表取締役 副社長)
当社にとって創立60周年の節目となった2015年、私たちは一念発起し、2002年以来13年ぶりとなるファクトリー体制で鈴鹿8耐に挑むことを決意しました。
以来、皆さまのご支援をいただきながら勝利をめざして開発・チーム編成、運営に取り組み、2015年、2016年、2017年と、当社初となる鈴鹿8耐3連覇、通算7回目の優勝を果たし、合わせて中須賀選手においては、8耐史上初となる個人での同一チーム3連覇を達成しました。
この会を通じて、3連覇の余韻を皆で分かち合うとともに、英気を養い、次のチャレンジに向け邁進してまいります。最後に、3連覇を支えてくださったスポンサー、サプライヤー、報道関係者、そしてファンの皆さまに、あらためて深く感謝を申し上げます。

■辻幸一談(MS開発部 部長)
2015年は新型R1とともにファクトリー活動を再開しましたが、 正直に言えば“簡単には勝たしてもらえないだろう”という思いがあったので、勝利した時は本当にうれしかったことを覚えています。そして2年目は“絶対に勝たなければならない”という決意と意気込みを持って臨み、ほぼ完璧なレース運びで2連勝を達成しました。
そして3連覇がかかった今年は、過去2年とは比べものにならないプレッシャーを感じながらウィークを迎えました。しかし、スポンサー、サプライヤーの皆さま、ファンの皆さまのご支援、そしてライダー、チームの頑張りで、念願の3連覇を達成することができました。
本当にありがとうございました。鈴鹿8耐に限らず、今後も当社はチャレンジを続けてまいります。これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

■中須賀克行選手談(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
ヤマハ史上初の3連覇を達成できたのは、スポンサー、サプライヤーの皆さま、そしてファンの皆さまのご支援のおかげです。本当にありがとうございました。
全日本選手権については、ここまで思うような成績を残せず、チャンピオン獲得は非常に厳しい状況にあります。それでも残り3戦4レース、しっかりと結果を残し、来シーズンは未定ですが、来るべき時に備え、誰が乗っても速いマシンを作っていきたいと思います。
今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る