【Webikeチームノリックヤマハ】2017年全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦

■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 ツインリンクもてぎ
■開催日:2017年8月19日(土)~ 8月20日(日)
■開催場所:栃木県 ツインリンクもてぎ

■ライダー/レース結果
JSB1000クラス
#47 上和田 拓海 決勝:16位

全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 JSB1000クラスにウェビックチームノリックヤマハの上和田 拓海選手が出場しました!

予選レポート

長らく続いてた雨模様も土曜日の予選の時には影を潜め、曇天の下で行われました。

今回の予選はノックアウト形式となります。上和田選手は、ラウンド1において1’53.409のタイムでラウンド2へ進出しました。
その後のラウンド2ではタイムを上げ、1’52.363のタイムを残し決勝18番グリッドを獲得しました。

決勝レポート

日曜日の決勝レースでは、気温は高く蒸し暑かったものの雨には降られず、ドライコンディションの中で開催されました。

18番手からのレーススタートとなる上和田選手はスタートダッシュで一気に前に出ることを狙っていましたが、練習の成果を上手く発揮できず、かえって順位を落としてしまいます。更に2周目に入ったところで前走車が転倒。巻込まれての転倒には至らなかったものの、コースアウトにより大幅にタイムをロスしてしまいます。

5周目を終えた時点で17番手へと順位を上げますが、その後しばらくは前後に変動がないまま膠着状態が続きます。そして11周目、ついに1台前に出ることに成功し、16番手へと上がります。しかし序盤に転倒して順位を落としていたマシンが追い上げてきていました。遂に15周目、追いつかれてしまったことで順位を1つ落としてしまいます。

再び17番手となりますが、レース終盤でトップのマシンがまさかの転倒リタイア。これにより16番手へ上がり、このままフィニッシュとなりました。

上和田選手はレース結果には満足できないものの、見たこと・感じたこと・経験したことから学ぶことの多かったレースと話しています。今後の更なる成長に期待です!

次回、全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦は9月9日(土)~ 9月10日(日)にオートポリスでのレースとなります。
応援をよろしくお願いします!

上和田 拓海

■全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000
決勝リザルト:16位 Best Time:1’52.644

上和田 拓海 選手コメント

初日となる金曜日の走行で、1本目にトラブルが出てしまいました。2本目には雨が降って来てウェットとなりました。そのためドライに合わせたセットアップを思うように進める事が出来なかったのですが、雨ではしっかり走り込む事が出来ていました。

予選ではQ1でマシンのセッティング変えながら、Q2に備えていました。迎えたQ2では自己ベストを出すことが出来ました。しかし、周りのライダーと比べるとまだまだペースが足りず18番手で終わりました。

そして決勝レース、練習でも上手くいっていたスタートダッシュに集中しましたが、あまり上手く決めることができずにポジションをいくつか落としてしまいました。
さらに序盤に転倒に巻き込まれ、コースアウトしてしまいました。コースに復帰した頃にはストレート1本分の差が生まれてしまいましたが、気持ちを切り替えて必死に走りました。
なんとか追いつき、何度がパスすることも出来たのですが、結果的には16位で終わる形になりました。

決して満足出来るリザルトではありませんが、多くのことを得ることができました。その中でも、レース中に先輩ライダー方の走りを真後ろから見て、一緒に争う中で、タイヤのマネジメントや、バイクの走らせ方、ライディングの面で多くのことを勉強できた決勝レースになりました。

このレースで学んだことや、新たな課題を見つめ直して、次戦のオートポリスラウンドでは少しでも上位に食い込めるよう、しっかり研究や練習に取り組みます。

サポートしてくださるスポンサーの皆様、そして応援してくださった皆様、今回も本当にありがとうございました!

上和田 拓海

photo by Ishizaki Nobuki , Komai Toshiyuki

→全文を読む

情報提供元 [ Webike Motosport ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る