[SBK]Rd.9 デイビスが今季2度目のダブルウィンを達成!

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第9戦ドイツ大会
■開催地:ドイツ/ラウジッツリンク(1周 4.265km)
■周回数:レース1 21周(89,565 km)、レース2 21周(89,565 km)

レース1
■開催日:2017年8月19日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:20度
■路面温度:32度
■PP:T・サイクス(Kawasaki/1分36秒121)
■FL:T・サイクス(Kawasaki/1分36秒918)

レース2
■開催日:2017年8月20日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:20度
■路面温度:32度
■PP:T・サイクス(Kawasaki/1分36秒121)
■FL:C・デイビス(Ducati/1分36秒634)

レース1:デイビスが制したレース1

スーパーバイク世界選手権第9戦ドイツ・ラウンドが、8月19~20日にユーロスピードウェイ・ラウジッツで開催された。
ラウジッツリンクは、オーバルコースとインフィールドのテクニカルコースを組み合わせた独特なレイアウトで、パッシングポイントの少ない難コースだ。

レース1では、Ducatiのチャズ・デイビスがスタート直前にリアブレーキ・トラブルに見舞われながらも、冷静さを保って6番グリッドから力強くスタートを切り、ターン1を2位で通過し、2周目に早くも首位に立つと、1分37秒台前半のタイムで周回。ジョナサン・レイとトム・サイクスのカワサキ勢との差を広げ、圧倒的な強さで今季5勝目をマークした。

Kawasakiのジョナサン・レイはオープニングラップでチームメートのトム・サイクス、デイビスに続き3番手を走行。3周目にサイクスを抜くと、2周目にトップに立ったデイビスをレース終盤まで0.5秒前後の差で追撃したが、デイビスには届かず2位でフィニッシュ。サイクスは3位を獲得した。

レース2:デイビスが今シーズン2度目の連勝

9番グリッドについたデイビスは、この日も素晴らしいスタートダッシュを見せ、チームメイトのマルコ・メランドリ、ジョナサン・レイとともに首位グループを形成し、11周目にトップに立った。残り5周で小雨が落ちてくると、このタイミングでスパート。今季6勝目を手中に収めた。

リバースグリッドのため3列目8番手からスタートしたレイは5周目にトップへ浮上するが、今大会ハイレベルな走りをみせるデービスに11周目に抜かれ、それからはレース1同様激しく追撃する戦いとなった。しかし、ここでもわずかに届かず、最終的にレイは2位をキープする走りに切り替え、2レース連続の2位で今大会を終えた。

ポールポジションからスタートしたDucatiのメランドリは、序盤の5周はラップリーダーを務め、その後も終始トップ争いに絡みながらも3位でチェッカーを受け、今シーズン8度目となる表彰台を獲得した。

ライダースランキング:上位陣は変動なし

前々回大会終了後から上位5名の順位変動は無いが、怪我からのブランクを乗り越えたデイビスが連勝したことは大きい。Kawasaki勢をDucati勢が追う展開が続いている。

次回第10戦は9月15日~17日、ポルトガルのポルチマンで開催される。

Gallery

RESULT Race.1

1 C・デイビス Ducati GBR 34’08.073
2 J・レイ Kawasaki GBR 00’01.834
3 T・サイクス Kawasaki GBR 00’03.250
4 M・メランドリ Ducati ITA 00’16.005
5 L・キャミア MV Agusta GBR 00’16.597
6 A・ローズ Yamaha GBR 00’16.783
7 L・サバドリ Aprilia ITA 00’24.898
8 X・フォーレス Ducati ESP 00’31.137
9 J・トーレス BMW ESP 00’31.373
10 E・ラバティ Aprilia GBR 00’40.593
11 L・メルガド Aprilia ARG 00’47.796
12 R・クルメナッハ Kawasaki CHE 00’48.509
13 M・ライテンバーガー BMW DEU 00’50.795
14 R・ラモス Kawasaki ESP 01’00.282
15 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 01’04.118
16 A・バドビーニ Kawasaki ITA 01’35.425

RESULT Race.2

1 C・デイビス Ducati GBR 34’05.220
2 J・レイ Kawasaki GBR 00’02.290
3 M・メランドリ Ducati ITA 00’04.388
4 T・サイクス Kawasaki GBR 00’14.167
5 A・ローズ Yamaha GBR 00’15.768
6 L・キャミア MV Agusta GBR 00’16.023
7 L・サバドリ Aprilia ITA 00’16.138
8 J・トーレス BMW ESP 00’16.900
9 M・ライテンバーガー BMW DEU 00’20.355
10 X・フォーレス Ducati ESP 00’24.086
11 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 00’24.885
12 L・メルガド Aprilia ARG 00’35.566
13 S・ブラドル Honda DEU 00’36.772
14 R・ラモス Kawasaki ESP 00’38.508
15 R・デ・ロサ BMW ITA 00’39.613
16 O・ジェゼック Kawasaki CZE 01’00.744
17 D・ジュリアーノ Honda ITA 01’01.401
18 A・バドビーニ Kawasaki ITA 01’01.531
19 M・ロッコリ Yamaha ITA 01’27.642

RIDERS RANKING(上位7名)

1 J・レイ Kawasaki 381
2 T・サイクス Kawasaki 311
3 C・デイビス Ducati 276
4 M・メランドリ Ducati 218
5 A・ローズ Yamaha 169
6 X・フォーレス Ducati 146
7 M・ファン・デル・マーク Yamaha 135

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る