【新車】ヤマハ、「YZF-R3/R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を発売 MotoGPマシンのイメージを再現した台数限定モデル

GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現!

ヤマハ発動機は、水冷・直列2気筒320cm3エンジンを搭載する「YZF-R3 ABS」と、水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「YZF-R25」に”Movistar Yamaha MotoGP Edition”を設定し、発売することを発表した。「YZF-R3 ABS」は9月15日、「YZF-R25」は10月13日より台数限定で発売される。

「YZF-R3 ABS」「YZF-R25」は、高次元な走行性能とスタイルを具現化し、同時に日常での扱いやすさを両立した人気のモデル。今回発売される”Movistar Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、今年の5月にグランプリ通算500勝達成も決めたMotoGPマシン「YZR-M1」のカラーリングイメージが再現されている。

▲【参考】V・ロッシMotoGPマシン

▲【参考】M・ビニャーレスMotoGPマシン

レーシングブルーに映えるMovistarマークをはじめ、アンダーカウルにはMotoGPマシン同様の”ENEOS”のロゴ。戦闘的なビジュアルを増して、レーシングスピリットをストリートへ伝えるスペシャルエディションだ。

▲YZF-R3 Movistar Yamaha MotoGP Edition

なおR3は国内で300台限定、R25は400台限定での販売が予定されている。

「YZF-R3 ABS」Movistar Yamaha MotoGP Edition

メーカー希望小売価格:642,600円(税込)

「YZF-R25」Movistar Yamaha MotoGP Edition

メーカー希望小売価格:567,000円(税込)

主な特徴

▲MotoGPマシンイメージのゴールドカラーの音叉マーク

▲タンクカバーにはMovistarマーク

▲アクティブな走りを予感させるイエロースプリングのリアサスペンション

▲足元に輝く限定ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー

(1)レースを象徴するカラーであるヤマハレーシングブルーの外装色
(2)MotoGPマシン「YZR-M1」をイメージさせるグラフィックデザイン
(3)ゴールドカラーの音叉マーク
(4)イエローカラーのサスペンションコイル
(5)ゴールドカラーのブレーキキャリパー
など

※製造はヤマハ発動機のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)で行われる。

車両情報

「YZF-R3 ABS」Movistar Yamaha MotoGP Edition

■カラー
ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)

■発売日
2017年9月15日

■メーカー希望小売価格
642,600円(本体価格595,000円/消費税47,600円)

■販売計画
300台限定(国内)

「YZF-R25」Movistar Yamaha MotoGP Edition

■カラー
ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)

■発売日
2017年10月13日

■メーカー希望小売価格
567,000円(本体価格525,000円/消費税42,000円)

■販売計画
400台限定(国内)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていない。

【YZF-R3:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
【YZF-R25:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る