デイトナ、オフロードバイクパーツシェアトップのダートフリークを買収

デイトナは、オフロードバイクパーツ事業を展開するダートフリークと、二輪車用アフターパーツのインターネット通販を手がけるプラスの2社を買収すると発表した。

ダートフリークは発行済株式20,000株のうち9,590株は自己株式として取得し消却し、残りの10,410株のうち6,660株をデイトナが取得、3,750株についてはデイトナ株式と交換することにで完全子会社化する。株式交換比率はダートフリーク株式1株に対してデイトナの株式63.3株を割り当てる。

プラスについては、発行済株式全てをデイトナが取得し、完全子会社化する。買収価格は2社合計で約4億9700万円。

ダートフリークは海外製造拠点とオフロード専門技術を活用し、主にオフロードバイクジャンルにおける二輪アフターマーケットへ向けた自社ブランド商品を企画・開発・卸・販売を行っており、オフロード専門アフターパーツメーカーとして国内ナンバーワンのシェアを獲得。

また、プラスは主にインターネット通信販売にてダートフリークの二輪アフターパーツを販売している。

デイトナはダートフリークをグループ化することで新たなジャンルへ参入し、ダートフリークはデイトナの子会社や海外の販売先を活用した販路の拡大を図る。

→全文を読む

情報提供元 [ デイトナ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る