ツインリンクもてぎ2&4レースの「タイムトラベルレース」に宇川徹の参加が決定

MotoGPTMクラスで、日本人ライダーとして初めての優勝選手

ツインリンクもてぎは、8月19日(土)・20日(日)に開催する「ツインリンクもてぎ20thアニバーサリーデイ 2&4レース」内で行われる「タイムトラベルレース」に、宇川徹が参加することを発表した。

宇川徹は、V・ロッシやM・ビアッジと激闘を繰り広げ、ロードレース世界選手権シリーズ最高峰のMotoGPTMクラスで、日本人ライダーとして初めて優勝した選手だ。1999年の優勝時に自らがライディングしたHonda NSR250に乗り、ファンの前でその走りを披露する。

▲Honda NSR250

全日本ロードレース250ccクラスで1991年から4年連続チャンピオンを獲得したのち、1994年のWGP(ロードレース世界選手権)日本グランプリ250ccクラスにスポット参戦して3位表彰台を獲得。

その後、1996年からWGP 250ccクラスにHondaのニューマシンNSR250でフル参戦を開始。宇川氏はこの間、鈴鹿8時間耐久ロードレースで伊藤真一と組んで1997年日本人ペア優勝を飾るなど活躍したが、WGPでは勝てないまま3年が経過。

そして1999年。開幕戦から3戦連続2位表彰台を記録して迎えた第4戦フランスGP。当時はアプリリアのバレンティーノ・ロッシ、YAMAHAの中野真矢、同じNSR250のロリス・カピロッシら強豪を相手に、ついに初優勝を飾ったのだ。

NSR250と宇川のウイニングランは多くのファンが待ち望んだシーンだった。宇川はこの年ランキング2位となり、2001年にはGP500ccクラスにステップアップ。2002年にスタートしたMotoGPTMクラスでは第2戦で優勝し、この年はランキング3位の活躍をみせた。

この宇川徹が今回、タイムトラベルレースに登場し、1999年に自らがライディングしたHonda NSR250に乗り、ファンの前でその走りを披露する。

170807_24

▲宇川徹

以下プレスリリースより


1999年 Honda NSR250

1986年にデビューした250ccマシンで、WGP(ロードレース世界選手権)や全日本ロードレースなどで数々のチャンピオンを獲得した名車。

国内では岡田忠之、宇川徹、加藤大治郎らがNSR250でタイトルを手にし、世界に進出。加藤は2001年に世界選手権でもこのNSR250でチャンピオンを獲得している。

1999年は宇川徹、ロリス・カピロッシらがNSR250で世界選手権に参戦し、宇川はランキング2位と健闘した。

【関連ニュース】
8/19・8/20に、ツインリンクもてぎ20thアニバーサリーデイ「ツインリンクもてぎ2&4レース」開催

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る