ツインリンクもてぎ20周年記念展示に、2015年マン島TT Zeroクラスで優勝した「神電四」が登場

無限の電動バイク『神電四』をツインリンクもてぎで展示

無限は、9月7日からツインリンクもてぎ ホンダコレクションホールで開催される『Racing History of Last 20 Years【Part3】レースシーン2008-2016』に、2015年のマン島TTレース TT Zeroクラスで優勝した、無限の電動バイク『神電四』を展示することを発表した。

TT Zero Challenge クラスとは
クリーンエネルギー時代の将来を見据えて2009年から新たにスタートしたカテゴリーで、CO2を排出しないクリーンエミッション機構を動力に持つことが定められているが、現在は全車電動バイクでの参戦となっている。

一般的なレシプロエンジンでのレースクラスは1レースで3周から6周するところ、TT Zero Challengeクラスはバッテリー性能と容量の兼ね合いから、現在1周約60kmのみのレースとなっている。レーシングチームが作った本格的なものから市販バイクを改造して出場する大学チームまで様々なチームが参戦している。

神電四とは
2012年に初参戦した神殿。2015年に参戦4年目を迎え、神電参の進化形として、軽量化やエアロダイナミクスを中心に開発した「神電四」。バッテリやモーターの冷却性能を上げ、エネルギーマネジメントも向上。エアサスペンションの導入も効果があり、総合的に戦闘力Upすることができた。

前年に引き続き2台体制で参戦。予選、決勝とも2年連続1-2位。ライダーはジョン・マクギネス選手とブルース・アンスティ選手。

【関連ニュース】
◆ツインリンクもてぎ、20周年記念展示第3弾「レースシーン2008-2016」を開催 無限も加わりより多様に

Racing History of Last 20 Years【Part3】レースシーン2008-2016

展示期間:2017年9月7日(木)~12月11日(月)
展示場所:Honda Collection Hall 2、3階中央エリア
協力:株式会社M-TEC、スズキ株式会社、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、マツダ株式会社、ヤマハ発動機株式会社(敬称略、五十音順)
※展示期間と内容は予告なく変更になる場合がございます。

→全文を読む

情報提供元 [ 無限 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る