2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズで、ダンロップ装着車がシリーズチャンピオンを獲得

世界耐久選手権シリーズチャンピオン獲得!総合性能の高さを証明

ダンロップの住友ゴム工業は、タイヤを供給している「GMT94 YAMAHA」が、「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」において11位で完走、世界耐久選手権シリーズ全5戦中3勝をあげ、シリーズチャンピオンを獲得したことを発表した。

「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」では、予選15位でスタートした「GMT94 YAMAHA」。一時的な雨が降る不安定なコンディションの中、終始安定した走行で完走を果たした。

今回のシリーズチャンピオン獲得により、ダンロップタイヤの安定したグリップ性能や耐久性能など、総合性能の高さが証明されたこととなった。

■チーム
GMT94 YAMAHA

■車両
YAMAHA YZF-R1

■ライダー
David Checa
Niccolo Canepa
Mike Di Meglio

→全文を読む

情報提供元 [ 住友ゴム工業 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る