2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズで、ダンロップ装着車がシリーズチャンピオンを獲得

世界耐久選手権シリーズチャンピオン獲得!総合性能の高さを証明

ダンロップの住友ゴム工業は、タイヤを供給している「GMT94 YAMAHA」が、「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」において11位で完走、世界耐久選手権シリーズ全5戦中3勝をあげ、シリーズチャンピオンを獲得したことを発表した。

「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」では、予選15位でスタートした「GMT94 YAMAHA」。一時的な雨が降る不安定なコンディションの中、終始安定した走行で完走を果たした。

今回のシリーズチャンピオン獲得により、ダンロップタイヤの安定したグリップ性能や耐久性能など、総合性能の高さが証明されたこととなった。

■チーム
GMT94 YAMAHA

■車両
YAMAHA YZF-R1

■ライダー
David Checa
Niccolo Canepa
Mike Di Meglio

→全文を読む

情報提供元 [ 住友ゴム工業 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る