【新製品】タミヤ、1/12オートバイシリーズ「ヤマハ RZ250/RZ350」を限定発売

往年の名車たちをハイクオリティーな模型で再現!

タミヤは、1/12 オートバイシリーズ「ヤマハ RZ250」「ヤマハ RZ350」を8月26日に発売する。

1980年に発売されたヤマハの250ccロードスポーツモデル「RZ250」と、1981年に日本国内での販売が開始されたヤマハの高性能ロードスポーツ「RZ350」を1/12スケールで再現したプラスチックモデルの組み立てキット。

いずれも、通常商品のような継続的生産が行われない特別販売商品だ。
メーカー希望小売価格は2,700円(税込)。

1/12 オートバイシリーズ No.2「ヤマハ RZ250」

▲全長=174mm。写真はキットを組み立て塗装したもの

▲製品パッケージ

2サイクルバイクの新時代を開いたヤマハの傑作

1980年の夏に販売が開始され、またたく間に250ccクラスのベストセラーバイクとなったのがヤマハRZ250。ヤマハの市販ロードレーサー、TZのイメージをそのまま受け継いだような、エキサイティングなスタイルやメカニズムが人気を集めた。

エンジンは2サイクル2気筒250ccで、レーサーTZで実績のある水冷方式を採用。ヤマハ独自のモノクロスサスを装備したリヤサスペンションとともに、メカニズムの魅力の中心となった。

水冷化で2サイクルバイクの新しい時代を開いたRZ250は、ヤマハの歴史に残る傑作モデルと言える。

「RZ250」模型要目

■1980年に発売されたヤマハの250ccロードスポーツモデル、ヤマハRZ250を1/12スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキット。
■全長174mm、全幅73mm、全高100mmと大きさは手頃。
■前後輪ともリアルなソリッドゴムタイヤを装備。トレッドパターンも正確に表現。
■実車取材により、エンジン、ラジエター、スタイルなども精密にモデル化。
■プラグコードやスロットルワイヤー、さらにブレーキパイプなどもビニールパイプを使用して再現。
■スライドマークは発色に優れたカルトグラフ社製。ブラックカラー用とホワイトカラー用の2種類が入っている。

1/12 オートバイシリーズ No.4「ヤマハ RZ350」

▲全長=174mm。写真はキットを組み立て塗装したもの

▲製品パッケージ

ナナハンキラーの実力を模型で実感

1979年にRD350LCとしてヨーロッパのショーでデビュー。日本国内では250cc版のRZ250の発売から約半年ほど遅れ、1981年3月に発売されたのがヤマハRZ350。

水冷2サイクル2気筒エンジンが魅力の中心で、排気量347ccで最高出力45馬力の高性能を誇り、フロントブレーキをダブルディスク化してハイパワーに対応。さらにリヤサスペンションにはモノクロスサスを装備するなど、ヤマハのレース経験が各所に生かされた魅力のモデル。

2サイクルエンジン独特のパンチ力ある高性能な走りで「ナナハンキラー」と呼ばれ、RZ250とともに海外、国内で高い人気を集めた車両だ。

「RZ350」模型要目

■1981年に日本国内での販売が開始されたヤマハの高性能ロードスポーツ、RZ350を1/12スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキット。
■全長174mm、全幅73mm、全高100mm。
■コンパクトな水冷2サイクル2気筒エンジンからフレームまで精密にモデル化。
■プラグコードやクラッチワイヤー、ブレーキパイプなどもビニールパイプで表現され完成時の密度感を高めている。
■キットにはオプションで用意されているセミカウルとアンダーカウルもセット。
■車軸やステアリング部には、金属シャフトを使用し強度十分。
■前後輪ともトレッドパターンも正確に彫刻された質感あるソリッドゴムタイヤを装着。
■スライドマークは発色に優れたカルトグラフ社製。国内仕様のホワイトカラー用と輸出仕様のブラックカラー用の2種類が入っている。

→「1/12 ヤマハ RZ250」全文を読む
→「1/12 ヤマハ RZ350」全文を読む

情報提供元 [ タミヤ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る