JAF、ロードサービスを依頼できるスマホアプリ「JAFを呼ぶ」をリリース

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、ロードサービスを依頼できるスマートフォン用アプリ「JAFを呼ぶ」を7月14日(金)にリリースした。

今回リリースしたアプリは、画面内の質問にタッチしていくだけで簡単にロードサービスを呼ぶことが可能となっている。GPS機能を利用して現在地の特定をすることにより、「電話をかける」「説明する」といった手間がかからないようになっている。

また、あと何分でサービスカーが到着するのかという不安を解消するため、アプリ地図内で急行中のサービスカーの現在地がわかる機能も付いている。

さらに、現場の状況を写真に撮って送信できるなどさまざまな機能が盛り込まれている。

救援アプリ「JAFを呼ぶ」の主な機能

(1)スマホ画面をタッチして質問に答えていくだけで簡単にロードサービスが呼べる。
(2)端末のGPS機能を利用し、お客様の現在地を特定
(3)急行中のサービスカーの現在地が地図上で確認できる
(4)写真を送信できるので、より詳しい状況の確認が可能
(5)補足などはコールセンターとチャットすることも可能
(6)JAFデジタル会員証アプリとの連携により、お客様情報の入力が不要

【アプリの詳細】

アプリ名:救援アプリ「JAFを呼ぶ」
提供価格:無料
動作環境:iOS8.0以上のiOS端末、Android OS4.2以上のAndroid端末

※JAF会員でなくともご利用いただけます。
※タブレットなどで電話発信機能が無い場合は、電話依頼への変更ができません。
※位置情報の送信を許可していただく必要があります。(故障場所の位置情報詳細が送れないため)
※プッシュ通知の受信を許可していただく必要があります。(JAFからのチャットメッセージが送られてくるため)

>>ダウンロードはこちらから

→全文を読む

情報提供元 [ JAF ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る