ホンダ、インドの二輪車生産能力を拡大 同社最大の二輪完成車組立工場へ

ホンダ、世界最大の二輪完成車組立工場に

ホンダのインドにおける二輪車生産・販売現地法人であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(以下、HMSI)は、8月2日に第三工場であるカルナタカ州ナルサプーラにある二輪車工場において、第四ライン増設とそれによる生産能力拡大記念式典を行った。

HMSIの第三工場は、2013年6月に180万台で稼働を開始。今回の第四ライン増設により生産能力は60万台拡大され、240万台となった。

これにより、ホンダのインドにおける二輪車の年間総生産能力は640万台へと拡大し、ホンダの世界最大の二輪完成車組立工場となる。なお、第四ラインの増設により、第三工場への累計投資額は、260億ルピー、同工場の従業員数は約7,000名となった。

第三工場は、「喜びを次世代へ」のコンセプトに基づいたグリーンファクトリーとして、水の年間使用量全てを雨水収穫システムによってまかなうなど、先進の環境技術を導入している。

また、増設した第四ラインでは、塗装工程において従来は手動で制御していたエアの供給量を自動に制御する塗装ブース自動エアバランシングシステムを、ホンダの二輪車生産工程で初めて採用した。

さらに、溶接、塗装、部品搬送工程に、新たに14台のロボットを導入し、手動から自動化することで、安全性や生産性の向上はもとより、作業者の負荷を軽減している。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る