【新車】カワサキ、スーパーネイキッド「Z1000」2018年モデルを9/1から発売

カワサキは、圧倒的な迫力を持つ「Sugomi」スタイリングと、スロットルを開けるほどに心が高鳴る「Sugomi」パフォーマンスを兼ね備える「Z1000」2018年モデルを9月1日から発売する。

2018年モデルは、カラーリングの変更として「メエメラルドブレイズドグリーン×フラットエボニー」を設定、また、LEDウインカーが新採用されている。

メーカー希望小売価格は1,150,200円(税込)。

優れた走行性能を誇る「Sugomi」マシン

1,043cc水冷4ストローク並列4気筒エンジンが放つパワーは、強力な加速と胸をすくようなエキゾーストノートを創出。サスペンションはSFF-BP(セパレートファンクションフォーク-ビッグピストン)と、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを採用することで、高い路面追従性能を獲得した。

また、人間工学に基づいたライディングポジションは、アグレッシブなイメージに貢献するとともに、高いコントロール性を実現。

スロットルを開けた瞬間から感じる力強いトルクとキレのあるハンドリングによりスーパーネイキッドと呼ぶに相応しい優れた走行性能を誇っている。

2018年 Z1000 主要諸元

車名(通称名) Z1000
マーケットコード ZR1000HJF
型式 2BL-ZXT00W
全長x全幅x全高 2,050mm×790mm×1,055mm
軸間距離 1,440mm
最低地上高 125mm
シート高 815mm
キャスター/トレール 24.5°/101mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
総排気量 1,043cc
内径x行程/圧縮比 77.0mm×56.0mm/11.8:1
最高出力 104kW(141PS)/10,000rpm
最大トルク 111N・m(11.3kgf・m)/7,300rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.0L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.600(39/15)
2速 1.950(39/20)
3速 1.600(24/15)
4速 1.388(25/18)
5速 1.238(26/21)
6速 1.107(31/28)
一次減速比 / 二次減速比 1.627(83/51)/2.733(41/15)
フレーム形式 ダイヤモンド
懸架方式 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 41mm)
スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル 120mm
135mm
タイヤサイズ 120/70 ZR17M/C 58W
190/50 ZR17M/C 73W
ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
17M/C×MT6.00
ブレーキ形式 デュアルディスク310mm(外径)
シングルディスク250mm(外径)
ステアリングアングル (左/右) 29°/ 29°
車両重量 220kg
燃料タンク容量 17L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L) 23.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
17.5km/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)
最小回転半径 3.2m
カラー エメラルドブレイズドグリーン×フラットエボニー(GN1)
メーカー希望小売価格 1,150,200円(税込)
発売予定日 2017年9月1日
【Z1000:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新カラーのRC213Vで上位入賞を目指す! 2017年12月3日(日)にツインリンクもてぎ…
  2. 「Z900RS CAFE」は首都圏エリアで初展示! カワサキモータースジャパンは12月17…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
ページ上部へ戻る