【新車】インディアン、スカウト・ファミリーに質実剛健な新モデル「Scout Bobber」を追加発売

インディアンモーターサイクルは、スカウト・ファミリーの新モデル「Scout Bobber(スカウト・ボバー)」を8月1日に発表し発売した。

質実剛健をテーマに、チョッパーやボバーなど、大戦後に起きたストリップ・カスタム・ムーブメントに敬意を払い、製作。余計な装備は全て削ぎ落とし、純粋なライディングが楽しめるモデルとなっている。

柔よく剛を制するモーターサイクル

スタンダードのスカウトと比較し、スカウト・ボバーには数々の専用パーツが装備された。
ローライズなトラッカーハンドルバーと、38mm後退したフットペグで、より一体感のあるアーバンライディングを可能とし、また 足周りにはローダウンリアショックユニット(STD比 1インチダウン)を装備し、ブラックホイールにボバー専用タイヤを履かせ、アグレッシブな印象に。

加えて、ブラックヘッドライトナセル、ミニマムエンジンカバー、スロット入りエキゾーストカバー、ブラックスピードメーターパネル、ブラックエキゾースト、前後チョップドフェンダー、ツートンレザーボバーシート、ブロックレターバッジ等、専用パーツを多数標準装備、精悍なまとまりを見せている。

また、スカウト・ボバーの発表に合わせ、専用レザーパッセンジャーシート、オールウェザーサドルバッグ、ソロラック&バッグ、ブラックハイウェーバーなど、多彩なカスタマイズパーツも用意された。

カラーリングはサンダーブラック・インディアンモーターサイクルレッド・ブロンズスモーク・スターシルバースモークの・サンダーブラックスモークの5色。車両価格はサンダーブラックが1,990,000円(税込)、サンダーブラックを除く各ボディカラーが2,030,000円(税込)。

Scout Bobber

▲サンダーブラック 車両価格:1,990,000円(税込)

▲ブロンズスモーク 
車両価格:2,030,000円(税込)
▲インディアンモーターサイクルレッド 
車両価格:2,030,000円(税込)
▲スターシルバースモーク 
車両価格:2,030,000円(税込)
▲サンダーブラックスモーク 
車両価格:2,030,000円(税込)

【主要スペック】
・エンジン:1,133cc水冷Vツイン DOHC
・トランスミッション:6速リターン
・最高出力:94hp(70kw)
・最大トルク:97Nm/5,600rpm
・車両重量:245kg
・燃料タンク容量:12.5L
・全長:2,276mm
・全幅:926mm
・全高:1,154mm
・シート高:649mm

標準装備

■高回転、高出力型 Vツインエンジン
1133cc 水冷Vツインエンジンは94馬力を発揮。6速トランスミッションとのコンビネーションから繰り出される加速力は病みつきになる。

■質実剛健なブラックアウト・ボディ
シンプルイズベスト。小型エンジンカバー、エグゾースト、フレーム、ハンドルバー、ミラーをブラックで統一。ムダなモノは何一つなく、それでいてストリートでの存在感は抜群だ。

■ローダウン・シャシー
フロントカートリッジフォークとローダウンリアショックユニット(スカウト比1インチダウン)は精悍なフォルムを演出し、あらゆる速度域において卓越した安定性を誇る。

■ライディングポジションの追求
ローライズなトラッカーハンドルバーと、38㎜後退したフットペグで、より一体感のあるアーバンライディングを可能とした。

■レザー製ボバーシート
スカウト・ボバーは専用ツートンレザーシートを標準装備。オプションのパッセンジャーシート&シーシーバーでカスタマイズすればタンデムライディングも可能。

■ブラックメーターパネル
スカウト・ボバーはメーターパネルも専用のブラックカラー。デジタルタコメーターも表示可能な多機能マルチファンクションゲージを内蔵している。

■オールニューインディアンエンブレム
スカウト・ボバーにはニューデザインのエンブレムが与えられ、アメリカ最古のモーターサイクルブランドに新たなる1ページが誕生した。

■ブラック・エグゾーストパイプ
スカウト・ボバーはスロット入りエグゾーストを装備。精悍なルックスに加え、EURO4にも対応している。

■ブラックアルミホイール
ブラックアルミホイールとボバー専用タイヤを履かせ、足周りにもアグレッシブな印象が与えられた。

■LEDリアコンビネーションランプ
スカウト・ボバーはコンパクトなLEDリアコンビネーションランプを装備。ブレーキ、スモール、ウィンカー内蔵、精悍なスタイルを損ねない。

※北米仕様に装備されている、ハンドルバーエンドミラー、及びオフセットナンバープレートは、日本仕様には装備されません。

【Scout:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ Indian Motorcycle ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る