MICHELIN「POWER RS インプレッション」マシンを選ばずベストマッチ!この走り、まさに3つ星!

【PR】


キャラも適合モデルも超ワイドレンジ

【ビッグマシン・ゼロ:文-和歌山利宏 写真-真弓悟史】

パワーRSの特徴は、ワイドレンジで寛容であることに尽きる。

何しろ、公道走行を主体とするだけあって、一般走行で扱いやすく、楽しさにも富む。軽快にキビキビと向きを変え、交差点でさえ、素直に転がるタイヤに意思を伝えやすく楽しい。
また、接地感はサラッとしていても、ブレーキングでフロントに荷重が掛かると、タイヤへの荷重感と共に接地感が高まり、コーナリングに自信を持たせてくれる。

<ワイドレンジな全方位高性能>
▲パワーRS はパイロットパワー3の後継機。よりサーキット指向のパワーカップEVOと公道向けのパイロットロード4の中間ポジションだ。

【Webikeショッピング】
ミシュラン パワーRSシリーズ 商品ページ

サーキットも公道もドライも雨もどんと来い!

それでいて、サーキット性能は、公道用スポーツラジアルとして最高水準にある。これよりもサーキット指向の強いタイヤを凌ぐばかりか、一世代前のサーキット専用タイヤに匹敵するほどだ。

コンパウンドの食い付き感は、これまでのミシュランからすると豊かで、その意味で新世代を思わせ、接地感と共に旋回性も高まる。
そればかりか、限界時の過渡特性はレーシングタイヤを思わせ、コントロールもしやすい。穏やかに滑り始め、穏やかに再び食い付くのだ。それに伴なってタイヤも変形するが、それが周期的に弾んだりすることがなく、安定性も抜群である。

▲車種や状況を問わず高マッチングなパワーRS。ハイグリップにも関わらず、雨のサーキットにも高い順応性を見せる。

新技術でクラス最高性能!

そんな寛容性に大きく貢献しているのが、リヤのACT+構造である。ラジアルカーカスをビード部で折り返し、その折り返しがトレッドショルダーにまで達していて、タイヤの剛性分布が最適化されているのだ。
つまり、グリップ感では新世代ミシュランを思わせても、ケーシングに目一杯仕事をさせてタイヤを高水準化させるという意味で、根底にある思想はミシュランそのものということである。

▲カーカスをビートで折り返し、サイドウォール~トレッドサイドを2層として剛性を高めるACT +。パワーRSの核となる技術だ。

このことは、マシンを選ばない寛容性にも表れる。スーパースポーツのみならず、やや長脚のネイキッドモデルや軽中量級モデルでもマッチングを崩さず、素晴らしい特徴が同様に反映されるのである。

幅広いサイズ展開!

サーキットから公道まで幅広く対応するミシュランの新スポーツラジアルは、250㏄クラスからリッターSSまで、バイクを問わず、その高性能を楽しめる。


ビッグバイクのみならず、ニンジャ250などの250スポーツに対応するHR(R)規格や、クルーザー対応のリヤ240サイズも設定する。

【Webikeショッピング】
ミシュラン パワーRSシリーズ 商品ページ

・Webikeショッピング MICHELIN:ミシュラン ブランドページ
https://www.webike.net/brand/434/

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る