ALPINESTARS「FASTER 2 VENTED SHOES インプレッション」 軽量を追求したスポーティシューズ

【PR】


夏に強い 最速のショート丈 軽量を追求したスポーティシューズ

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 写真-真弓悟史】

▲ブラック
▲ブラック ホワイト
▲ブラック レッド
▲ブラック ホワイト レッド

●税込価格:20,304円
●サイズ:25.0~28.5cm

アルパインスターズのショート丈フットウェアで最もスポーティなファスター2。シリーズ中、クールさと軽快さをアピールするモデルがパンチングメッシュを用いた本作だ。
「夏場も快適」と評判の高いシューズの実力を試した。

モトGPをはじめとしたスポーツシーンで活躍し、多彩なライディングギアを揃えるイタリアのアルパインスターズ。
’70年代のモトクロスブーツを皮切りに、WGPほか一気に2輪レース界を席巻したことから、ブーツは同社の根幹アイテムである(個人的にはK・ロバーツやM・ドゥーハンのイメージが強い!)。

【Webikeショッピング】
アルパインスターズ ファスター2 VENTED SHOES 商品ページ

「あえて」の靴ヒモタイプ

今回紹介するファスター2は、スポーティさと軽さが特徴。ヒモ式を採用することで、直接フィット感が調整できることを重視している。全3タイプを展開しており、ヴェンティッドはその名のとおり通気性に優れるモデル。アウトサイドとタンにメッシュパネルを配した夏仕様だ。

▲人の力で確実に締め上げ、微調整がしやすい安心のヒモ式をあえてチョイス。足首はベルクロのストラップでフィット感を高められる。

外観は、トゥスライダーやくるぶしにパッドを備えるが、ヒモ式のせいか、かなりカジュアルだ。履き心地は、フラットなソールが薄く硬めながら、動きを妨げず軽快。プロテクションが軟質樹脂やゴム製のため、ハードな感触はほとんどない。

風が吹き抜け、蒸れない ダイレクトな感触もマル

走行してみると、涼しさに驚いた。40㎞/h程度からメッシュのアッパーを通じて風が吹き抜けてくる。真夏でも高速巡航でムレ知らずだ。

さらに特筆すべきは、ダイレクトな操作感だ。しっかりグリップし、ソリッドな感触のソールから、素足に近いステップワークが繰り出せる。足を自在に動かせるのもポイント。素材に柔軟性があり、アキレス腱の部分が大胆にカットされているので、様々なライポジや動きに対応できる。左足のシフトパッドは備えないが、甲部の素材がやや硬く、シフトをかき上げる操作もしやすい。

<「2」でソールのグリップ向上>
▲人気を博した前作のソールを改良し、グリップ力をアップ。ステップ上で滑りにくく、濡れた場合もグリップを保っていた。

バイクを停めて30分ほど歩いてみた。かかとのソールが硬く、クッション性は乏しいものの、足に合わせて曲がり、足首もよく動くので歩きやすい。デザインも街中で違和感がなく、歩きでムレにくい点も長所だ。

操作感抜群の上に涼しく軽快。夏は手放せないシューズになりそうだ。

ファスター2は3タイプ

ヴェンティッドのほか、防水仕様のウォータープルーフ、マイクロファイバー製アッパーの標準モデルがある。デザインは共通、価格差も少ないため、使い道で選びたい。

【ファスター2 シューズ】
●税込価格:20,304円

【ファスター2 ウォータープルーフ シューズ】
●税込価格:21,384円

【Webikeショッピング】
アルパインスターズ ファスター2シリーズ 商品ページ

・Webikeショッピング alpinestars:アルパインスターズ ブランドページ
https://www.webike.net/brand/40/

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る