Kabuto「エアロブレード5 インプレッション」 空力が冴える軽量快適モデル

【PR】


ロングクルーズで光る疲れにくさと換気性能

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 写真-真弓悟史】

圧倒的な軽さと空力のよさで人気を博したエアロブレード-3 が全面刷新。一段と軽量コンパクト化を果たした帽体をはじめ、全方位的に快適度が向上している。

●税込価格:34,560円 
●サイズ展開:XS/S/M/L/XL/XXL

【Webikeショッピング】
OGK KABUTO オージーケーカブト:AEROBLADE-V [エアロブレード5]  商品ページ

軽い!を徹底追求

ツーリング向けフルフェイスとして、軽さと空力を重視して開発されたエアロブレード。一躍ヒット商品となった3の後継モデルが今回の「5」だ。手に取ると、やはり軽い。
それもそのはず、一般的なフルフェイスが1500g台~1700g前後(Lサイズ)なのに対し、実測で1450gに過ぎない。

▲実測で重量は1450g。レース向けのRT33(1556g。同じく実測)より軽い!

帽体は、高強度複合素材のA.C.T.-に加え、構造解析で強度を最適化。JIS 規格を余裕でクリアする安全性と驚異の軽さを両立した。

被ってみても、やはり帽体の軽さが際立つ。着用感も絶妙で、特に後頭部のしっかりしたサポート感が好印象。スポーツウエア風の黄色いラ
インや切り返しを使うなど手の込んだ内装も、クールマックス素材の感触が心地良い。

気温15度でダクトを開けて走ると、口元からはシールドの内側に沿って空気が流れ、額の上にも風を感じる。CFD(3次元数値流体解析)ソフトを導入し、帽体内の風の流れまで解析したとのことだが、十分効果が出ていると思う。

▲頭頂部の開閉式エアインテークは、従来の左右分割からワイドなセンター式に変更。口元のエアインテークも大型で、3段階に調整可能。

▲帽体下部のサイドにスリットを設け、チークパッド内部の熱を負圧で吸い出すサイドアウトレットトリム。これもカブトの特許技術だ。

負圧で頬パッド横から熱気を放出するサイドアウトレットトリムも効果的。気温30度では、頬から耳にかけての熱の溜まりが緩和され、脱いだ後に通常のヘルメットより頬パッドの汗が明らかに少なかった。

特許!の空力フォルム ベンチレーションも充実

▲ウェイクスタビライザーが乱流を制御し、直進時や横風のブレを抑える。排気ダクトは常時開放式だが雨水の浸入は心配無用。

同様にCFDで形状を決定した帽体も安定感抜群だ。100㎞/h程度は平和そのもので、直進時はもちろん、首を左右に向けてもブレや浮き上がりが少ない。さらに密閉性を高めたシールドを採用し、前作より帽体内の静けさも向上している。
優れたエアロ効果に加え、良好なホールド感と軽さによって、明らかにロングラン後の首や肩の疲れもラクだった。

静か!への工夫

ヘルメットを被って走行しても不快な風切り音は皆無。さらに2 軸構造&スプリングでシールドを圧着するベースや、新形状の縁ゴム、密閉性の高いシールドで静粛性を向上させた。

シールドは中央ロック。新採用したセンターロック式のシールドは、左右均等に力が加わり、すき間ができにくい。レバーが大型で、グローブでの操作性も良好。

バックルはラチェット式

また、街乗りやツーリングのシーンでは、着脱のしやすさが重宝する。あごひもを左右に引っ張ると開口部が大きく広がるため、耳がひっかることもない。ワンタッチ式のバック
ルも相まって、脱ぎ着が苦にならないのはうれしい。

▲ユーザーの要望に応え、前作のDリングからマイクロラチェットバックルに変更。Wアクション式で安心の上、ワンタッチで脱着できる。

このバックルやシールドロックなど各部にユーザーからの要望を反映し、確実に使い勝手を向上させている点もポイント。
シールド内の曇りを抑えるピンロックシート(別売。3,240円)も装着可能だ。

▲内装はアゴ紐のパッドを含めてフル脱着式。耳元はゆったり設計で、イヤーカップの取り外しも可能。スピーカーの装着に対応する。

▲頬パッドにはメガネやサングラス用のスリットを備える。圧迫感を減らし、長距離走行もラク。スムーズにツルが入り、安定感もある。

CFDなどの最新技術に加え、全体を抜かりなく正常進化させたエアロブレード-5。この内容で3万円台は、お買い得と言うほかない。

【Webikeショッピング】
OGK KABUTO オージーケーカブト:AEROBLADE-V [エアロブレード5]  商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る