【新製品】サンスター、新型CBR1000RR用の高性能なワークスエキスパンド フロントディスクローターを発売

最新のスーパースポーツを、高性能なブレーキディスクで支える

スプロケット/ブレーキディスクの企画・製造・販売を行うサンスターは、今年フルモデルチェンジを果たしたホンダ CBR1000RR(SC77)用のワークスエキスパンド フロントディスクローターを発売した。

CBR1000RR(SC77)は最新の電子制御を備え、開発コンセプトである「トータルコントロール」を追求したモデル。
近年1000ccクラスのスーパースポーツモデルには、各メーカー最新の技術を惜しみなく投入し、車両の性能が著しく向上しているが、特に電子制御は安全に速く走ることを可能としており、これらの要素はブレーキシステムへの負荷が上がることを意味している。

どんなにエンジンや電子制御の性能が向上しようとも、それを受け止める高性能なブレーキでなければ、安全にスポーツライディングを楽しむことができない。

今回発売したワークスエキスパンドは、最新のスーパースポーツを高性能なブレーキディスクで支え、世界選手権や全日本選手権でも使用されるワークスエキスパンドで、コントローラブルかつ絶妙なストッピングパワーを手に入ることがきる。

CBR1000RR SPのブレンボモノブロックキャリパー、CBR1000RRのトキコキャリパーにもボルトオンで装着可能となっており、新型CBR1000RRの発売を記念して、数量限定のレッド・ブルーハードアルマイト仕様のインナーも同時発売している。

価格は板厚6.0mmが57,000円(税抜)、5.5mmが55,000円(税抜)。

【Webikeショッピング】
ワークスエキスパンド フロントディスクローター 商品ページ

新型CBR1000RR用 ワークスエキスパンド フロントディスクローター

【限定インナーカラー/レッド・ブルーハードアルマイト】
価格:+2000円(税抜)/1枚

【標準カラー/グレーハードアルマイト】
価格:6.0mm 57,000円(税抜)/5.5mm 55,000円(税抜)

<製品概要>
フロント用
入数:1枚
【アウター】
サイズ:外径320mm・板厚5.5mm
【インナー】
アルミ合金 ハードアルマイト処理
【ピン】
アルミ合金 12ピン仕様
フルフローティング・セミフローティング選択可

目指したのはコントロール性能と効力の安定感

特徴1:サンスター独自のグルーヴ(溝)形状
グルーブによりパッド表面とディスク表面のクリーニング効果を高めています。
それによりほかのディスクでは体感できない絶妙なブレーキタッチを得ることができます。
また、ブレーキパッドの摩耗が少ないのも、グルーヴによる効果です。

特徴2:選べる板厚と細かいディティール
板厚を5.5mmと6.0mmの2種類から選べます。
コースや走り方の違いによる車体セットアップの幅も広がります。
ディスクの外周部のR形状は、耐久レースを意識したタイヤ交換の作業性を上げるための形状です。
パッド有効幅も33mmとなっており、高性能レーシングキャリパーだけでなく、 最新SSのノーマルキャリパーにもフィットします。

特徴3:選べるフローティング方式
インナーとアウターの結合方式を2種類からお選びいただけます。
よりリニアなコントロール性を求めるならフルフローティング。
ピンやインナーの消耗を抑えたいならセミフローティングがオススメです。

特徴4:選べるピンカラー
標準色のブラックの他にオプションで7色からお選びいただけます。
ブレーキ周りのアクセントにもなります。
ピンの色を変えてブレーキカスタムを楽しんでください。

【Webikeショッピング】
ワークスエキスパンド フロントディスクローター 商品ページ

・Webikeショッピング SUNSTAR:サンスター ブランドページ
https://www.webike.net/brand/732/

→全文を読む

情報提供元 [ SUNSTAR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る