「YAMAHA SUZUKA 8 HOURS FAN MEETING 2017」が開催 ヤマハライダーがファンに勝利を誓う!

ヤマハ発動機は、7月25日(火)にファクトリー・レーシング・チームのスポンサーや二輪専門誌などが招待したヤマハファンを対象とした「YAMAHA SUZUKA 8 HOURS FAN MEETING 2017」を、東京・六本木のニコファーレで開催した。

会場には、まもなく開幕する、世界耐久選手権EWCの最終戦、“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会に出場する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」、「YART Yamaha Official EWC Team」、「GMT94 Yamaha Official EWC Team」の、監督、ライダーが一堂に集結。

約100名のファンとともに、トークショーや記念撮影などで交流を図り、サポートへの感謝の気持ちを伝え、鈴鹿8耐・3連覇、EWCチャンピオンの獲得を誓った。

3チームはこの後、鈴鹿サーキットに移動して身体を休め、27日(木)よりスタートする鈴鹿8耐に臨む。

YAMAHA SUZUKA 8 HOURS FAN MEETING 2017 レポート

辻幸一談(MS開発部 部長)
ヤマハ発動機は“感動創造企業”として日々、新たな感動と豊かな生活を提供できるよう努めています。そしてレース活動もその一部であり、中でも鈴鹿8耐は、日本のみならず、世界中に感動をお届けし、共有できる最大の機会と捉えております。また、今年の鈴鹿8耐は40回記念大会ということで、3連覇のみならず、EWCのチャンピオンを決める重要なレースです。ファンの皆さまには、ぜひサーキットに足を運んでいただき、モーターサイクルレースのすばらしさを感じ、またそれぞれの目標を持って戦う3チームを応援いただければと思います。

吉川和多留監督談(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
今年は、最強のR1ライダー3人がそろいました。すばらしいコンビネーションがあり、レースに向けてのテンションも高まっている状態で、とてもよいチームに仕上がっています。目標は昨年マークした218周を超える219周を走っての3連覇。チーム一丸となってがんばりますので、最後まで応援のほどよろしくお願いします。

マンディ・カインツ監督談(YART Yamaha Official EWC Team)
ヤマハファンの皆さん、今日のファンミーティングは、楽しんでいただけたでしょうか? 鈴鹿8耐本番では、一生懸命がんばって、今日よりもさらに楽しんでいただけるようなレースをお見せします。もちろんめざすは表彰台。そして勝利です。ご期待ください。

クリストフ・グィオ監督談(GMT94 Yamaha Official EWC Team)
この姿を見ればわかる通り、ヤマハは、まさに大きな家族です。鈴鹿8耐では、勝利をつかみ獲るためにも、我々はもちろんですが、3チームそれぞれが全力で戦います。ぜひ、鈴鹿サーキットにご来場いただき、レースを楽しんでもらうとともに、ヤマハチームへの応援をよろしくお願いします。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る