NEXCO、2017年度【全国版】お盆期間の高速道路における渋滞予測を発表

NEXCOは、お盆期間中[2017年8月5日(土)~8月16日(水)の12日間]の高速道路での交通集中による全国版の渋滞予測をとりまとめ、発表した。

下り線は8月11日、上り線は8月13日~15日に渋滞が多く発生

特に30km以上の渋滞予測をまとめたデータが公開されており、東北道・下り線、関越道・上り線、中央道・下り線では45km以上の渋滞となる見通し。
高速各社では渋滞予測内容をもとに出発の時間帯をずらすなど、渋滞を避けた利用を呼びかけている。

お盆期間の高速道路における渋滞予測について【全国版】

◆渋滞発生傾向と分散利用のお願い
・下り線は8月11日(金)、上り線は8月13日(日)~15日(火)に渋滞が多く発生すると予測。
・渋滞予測内容をもとに出発日や時間帯をずらすなど、渋滞を避けたご利用を。
・出発前や利用中に最新の道路交通情報の活用を。

◆10km以上の渋滞が多く発生すると予測される日
[下り線]8月11日(金) [上り線]8月13日(日)~15日(火)

≪10km以上の渋滞予測回数≫
上下線の合計 512回

≪各社の特に長い渋滞発生予測≫
PA:パーキングエリア、SA:サービスエリア、IC:インターチェンジ、TN:トンネル

※上表以外のピーク時30km以上の渋滞は、【別紙1】をご確認ください。
※これらの渋滞を回避する方法については、【別紙2】をご確認ください。

参考資料
>>渋滞緩和に関するお願い
>>【別紙1】2017年 お盆期間の高速道路におけるピーク渋滞長30km以上の渋滞予測
>>【別紙2】2017年 お盆期間の高速道路における特に長い渋滞の回避例

【関連ニュース】
国土交通省、お盆期間における各種道路別の渋滞ランキングを発表
アドバイザーが渋滞回避のポイントを解説!NEXCO中日本、夏の高速道路「渋滞スイスイTV(東海版)」を開設

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO 中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る