【新車】ヤマハ、スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター「シグナスX SR」の新色を発売

ヤマハ発動機は、スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター「シグナスX SR」のカラーリングを変更、平成28年度国内排出ガス規制へ適合し、8月21日より発売する。

「シグナスX SR」は、“ダイナミック・シグナスX “のコンセプトを具現化、実用域のトルク特性と加速感、燃費に優れたCVTエンジンを搭載、ボディの随所に軽量化技術を織り込み118kgの軽量ボディを実現したモデルで、カラーは4色展開となっている。

販売価格は、318,600円(税込)。

“ダイナミック・シグナスX ”のコンセプトを具現化

“ホワイト”と“ガンメタ”は、“Urban Sporty”をコンセプトに、実用性を重視した正統派スタイルの方に向け、落ち着きがありながらも都会的でクールな印象を与えるカラーリング。

“ブルー/マットシルバー”と“イエロー/マットシルバー”は、“Show Off Sporty”をコンセプトに、実用使いはもちろんのこと趣味でも二輪車を楽しむ方に向け、ベースカラーのマットシルバーに、目を惹くアクセントカラーを取り入れることでスポーティな印象を与えるカラーリングとしている。

なお、製造はヤマハモーター台湾で行われる。

シグナスX XC125SR

■名称
「シグナスX XC125SR」

■カラー
・ラジカルホワイト(ニューカラー/ホワイト)
・ミッドナイトシルバー(ニューカラー/ガンメタ)
・ディープパープリッシュブルーメタリックC (ニューカラー/ブルー/マットシルバー)
・カームイエロー(ニューカラー/イエロー/マットシルバー)

■発売日
2017年8月21日

■メーカー希望小売価格
318,600円(本体価格295,000円/消費税23,600円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていない。

■販売計画
10,000台(シリーズ合計、年間、国内)

▲ラジカルホワイト(ニューカラー/ホワイト)

▲ミッドナイトシルバー(ニューカラー/ガンメタ)

▲ディープパープリッシュブルーメタリックC(ニューカラー/ブルー/マットシルバー)

▲カームイエロー(ニューカラー/イエロー/マットシルバー)

「シグナスX SR」主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BJ-SED8J/E31CE
全長×全幅×全高 1,895 mm×690 mm×1,115 mm
シート高 775mm
軸間距離 1,305mm
最低地上高 115mm
車両重量 118kg
燃料消費率※1 国土交通省届出値 60km/h定地燃費値※2 43.3km/L 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)※3 38.6km/L(クラス1) 1名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 124cc
内径×行程 52.4 mm×57.9mm
圧縮比 10.0:1
最高出力 7.2kW(9.8PS)/7500r/min
最大トルク 9.9N・m(1.0kgf・m)/6000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 0.90L
燃料タンク容量 6.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 6.5Ah(10HR)/GT7B-4
1次減速比/2次減速比 1.000/10.400(39/15×44/11)
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.500~0.768 :無段変速
フレーム形式 バックボーン
キャスター/トレール 27°00′/90mm
タイヤサイズ(前/後) 110/70-12 47L/120/70-12 51L(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1


【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、MotoGPマシンのイメージを再現 原付二種スクーター「シグナスX SR」Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定で発売
【シグナスX SR:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る