【新車】ヤマハ、MotoGPマシンのイメージを再現 原付二種スクーター「シグナスX SR」Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定で発売

ヤマハ発動機は、スポーティな外観と走りで人気の原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」に、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のカラーリングイメージを再現した「シグナスX SR」Movistar Yamaha MotoGP Editionを設定、数量限定1,300台で9月6日より発売する。

販売価格は329,400円(税込)。

「シグナスX SR」 Movistar Yamaha MotoGP Edition

”Movistar Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、Movistar Yamaha MotoGPらしいカラーリングを採用。なお、製造はヤマハモーター台湾で行われる。

1)レースを象徴するカラーであるヤマハレーシングブルーの外装色
2)ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー
3)スプリングのカラーをイエローとしたリアサスペンション
4)ゴールドカラーの音叉マーク
5)Movistarロゴマークをあしらったグラブバー

▲Movistar Yamaha MotoGP YZR-M1

■名称
「シグナスX XC125SR」 Movistar Yamaha MotoGP Edition

■カラー
・ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)

■発売日
2017年9月6日

■メーカー希望小売価格
329,400円(本体価格305,000円/消費税24,400円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていない。

■販売計画
1,300台限定(国内)

「シグナスX XC125SR Movistar Yamaha MotoGP Edition」

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター「シグナスX SR」の新色を発売
【シグナスX SR:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  2. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  3. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
  4. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
ページ上部へ戻る