【新車】ヤマハ、MotoGPマシンのイメージを再現 原付二種スクーター「シグナスX SR」Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定で発売

ヤマハ発動機は、スポーティな外観と走りで人気の原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」に、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のカラーリングイメージを再現した「シグナスX SR」Movistar Yamaha MotoGP Editionを設定、数量限定1,300台で9月6日より発売する。

販売価格は329,400円(税込)。

「シグナスX SR」 Movistar Yamaha MotoGP Edition

”Movistar Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、Movistar Yamaha MotoGPらしいカラーリングを採用。なお、製造はヤマハモーター台湾で行われる。

1)レースを象徴するカラーであるヤマハレーシングブルーの外装色
2)ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー
3)スプリングのカラーをイエローとしたリアサスペンション
4)ゴールドカラーの音叉マーク
5)Movistarロゴマークをあしらったグラブバー

▲Movistar Yamaha MotoGP YZR-M1

■名称
「シグナスX XC125SR」 Movistar Yamaha MotoGP Edition

■カラー
・ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)

■発売日
2017年9月6日

■メーカー希望小売価格
329,400円(本体価格305,000円/消費税24,400円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていない。

■販売計画
1,300台限定(国内)

「シグナスX XC125SR Movistar Yamaha MotoGP Edition」

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター「シグナスX SR」の新色を発売
【シグナスX SR:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る