トライアンフ、2017年6月が月間最高 並びに2017年度が年間最高の登録実績を達成

2017年6月度の登録実績が過去最高の対前年比+9.4%

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2017年6月の登録実績が6月度として過去最高292台となり、会計年度2017年度における登録台数も、過去最高となる1,793台を達成した。

6月の登録実績は対前年比を9.4%上回り、2017年モデルの「ボンネビル・ボバー」「ストリート・スクランブラー」の3つの特別仕様車の発表も好調の要因と考えられる。

トライアンフは世界的にも大変好調であり、全世界における会計年度2017年小売実績(トライアンフモーターサイクルズ本社調べ)も過去最高となる約6万3千台で、対前年比では+13%となり、昨年度もブランドとして継続的且つ安定したビジネスの成長を維持している。

新年度となる2018年は市場の活性化とともに、新記録の2,000台登録を目指す。

→全文を読む

情報提供元 [ Triumph Motorcycles ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る