[JTR]Rd.5 ホンダの小川が3連勝でランキング単独トップに

■開催日:2017年7月16日
■開催地:北海道・わっさむサーキット
■観客:700人
■気温:24度
■天候:晴れのち雨
■競技:10セクション×2ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:4時間(10セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:小川友幸(ホンダ)/18

小川が2ラップ目にオールクリーンし、3連勝を飾る

全7戦の後半戦となる第5戦へと突入した全日本トライアル選手権シリーズは、毎年恒例となっている北海道のわっさむサーキットで開催された。

毎年ここでの動向が、シーズンの流れとなってその後に影響することが多い、大事な一戦だ。
例年は日差しの厳しい熱い戦いだが、今年は雨予報。先を読むのが難しい戦いとなった。

競技はまず4時間の持ち時間で10セクションを2ラップした後、今回の出走14名中上位10名が、より難易度の高い2つのスペシャル・セクション(SS)に挑戦して、雌雄を決した。
モトクロス場の周辺の岩場や急斜面などに用意されたセクションは比較的難易度が低かったが、失敗して減点5になりやすい落とし穴もあった。

また大会当日は朝から雨の予報だったが、実際に雨が降り始めたのは競技終盤の昼近くになってからだった。トップグループは2ラップ目の第9セクションから雨で路面が濡れてセクションの難易度が一気に高くなっていった。

セクションは、雨予報に合わせて進行する分、簡単に設定されていたので、上位陣はクリーン合戦となった。第3戦、第4戦と2連勝している小川友幸(Honda)は、第4セクションまでをすべてクリーンで終えた。野崎史高(シェルコ)が第3セクションで5点となり、第4セクションでは黒山健一(ヤマハ)が5点。神経戦と目されていたわりには、ミスも出やすいセクションであったことがわかる。
トップは小川毅士(ベータ)で3点、2位が柴田暁(ヴェルティゴ)で7点、3位が黒山の8点。クリーンの取り合いで1ラップ目を終えた。

2ラップ目、小川は気合の入ったトライを続け、10セクションすべてをクリーンで終えた。
対するライバルたちは、小川のようにはいかず、柴田は第5、第6セクションで5点。小川毅士は第5で1点、第6で5点、さらに第9、第10で5点となり、トップの座から脱落していった。

そして、トップグループが第8・第9セクションにかかった頃、ついに天気予報どおりに雨が降ってきた。この雨で、土、石、岩、コンクリートが滑り、すべてがつるつるに。黒山も、最終セクションで5点となり、この日の優勝争いの権利を失った。

10セクション2ラップの戦いを終えて、トップは10点の小川友幸、2位に17点の柴田、3位に18点の野崎、4位に19点の柴田、5位に23点の黒山。この後、ふたつのSS(スペシャルセクション)で勝負が決まる。

SS第1は毎年恒例の難セクション。SS第2は最終第10セクションを手直ししたもので、ざっと2メートルほどのコンクリートブロックに飛びつく設定となった。

14人のうちトップ10人が走るSS。SS第1では5点が続く中、黒山が2点で通過、次にトライした小川毅士がクリーンを出して、会場をわかせた。次の野崎が5点で、柴田はクリーン。最後にトライした小川は、わずかな面でグリップを失ってかろうじて3点で抜けた。

最終SSを前に、小川友幸は13点、柴田が17点、小川毅士19点、野崎23点、黒山25点。

SS第2の2メートル近いコンクリートブロックは、やはり超難関。最初に上がったのは野本佳章(ベータ)で1点だった。その次のトライが黒山。この日の黒山は全体にミスが目立ったが、最後の最後に渾身の走りを見せてクリーンした。

しかしその後、野崎、小川毅士、柴田と次々に5点。柴田が5点になった時点で、小川友幸の優勝は確定的に。

最後のトライの小川は、これを華麗にクリーンして有終の美としたいところだが、雨はますますひどくなった。コンクリート面が滑り、難しいマシンさばきを強いられ、惜しいところで失敗。5点となって、試合終了となった。

しかしこれで、5戦中3勝をあげた小川友幸が黒山に対し7点のリードをとってランキングで単独トップに立った。残り2戦、まだまだ厳しい戦いは続くが、終盤戦が楽しみな展開となってきた。

Gallery

RESULT

1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 減点18/クリーン18
2 柴田暁 VertigowithMitani Vertigo 減点22/クリーン17
3 小川毅士 宗七音響WiseBetaTeam Beta 減点24/クリーン16
4 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 減点25/クリーン16
5 野崎史高 YSP京葉×KENOKUYAMA Sherco 減点28/クリーン16
6 野本佳章 モトベント&ベータ Beta 減点32/クリーン12
7 斎藤晶夫 Hondaブルーヘルメット Honda 減点48/クリーン8
8 久岡孝二 VertigowithMitani Vertigo 減点53/クリーン8
9 成田亮 ハザードブレーカーズBeta Beta 減点54/クリーン7
10 藤原慎也 Team Hiroko Gasgas 減点58/クリーン7

RIDERS RANKING

1 小川友幸 Honda 94ポイント
2 黒山健一 Yamaha 87ポイント
3 野崎史高 Sherco 69ポイント
4 小川毅士 Beta 69ポイント
5 柴田暁 Vertigo 61ポイント
6 斎藤晶夫 Honda 47ポイント

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る