[JMX]Rd.5 ホンダの山本が第2戦以来の勝利でランキングトップに浮上

■大会名称:2017全日本モトクロス選手権第5戦東北大会
■開催日:2017年7月16日(日)
■会場:岩手県・藤沢スポーツランド
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート

レース1で小方が5連勝を達成、レース2で過酷な天気のなか山本が勝利

全日本モトクロス全9戦の折り返しとなる第5戦が、岩手県の藤沢スポーツランドで7月16日(日)に開催された。
午前中は、時々薄日が差す曇り空でドライコンディション。しかし昼休みから断続的に激しい雨が降り、午後のコースは一転して過酷なマディコンディションとなった。サンドコースの中にも部分的に硬質土があり、ウエットで滑りやすい路面へと変化の中でレースが行われた。

今シーズンの開幕以来、カワサキのTeam GreenとホンダのTeam HRCが好調を続けている。
前大会終了時点で、2大会連続パーフェクトウィンを達成したカワサキの小方誠が169点でランキング1位、ホンダの山本鯨が164点で2位、同じくホンダの成田亮が161点で3位に。

今大会では、ヒート2で小方が9位に終わったため、3ポイント差で山本がランキングトップに立った。

レース1
TEAM NAKAKI Hondaの田中雅己がホールショット。しかし田中は、ミスで大きく後退した。
レース序盤、トップの小方から山本までの5台が、6番手以下を引き離しながら縦に長いトップグループを形成。
8周目、成田はカワサキの新井を抜いて2番手に浮上。この段階で、トップの小方は約9秒のリードを築いた。
レース後半、山本はペースが落ち始めた新井とヤマハの平田をパスして、ラスト4周となった14周目には3番手に。この間に、成田は約8秒先行した。そしてレースは、小方が5連勝を達成し、次いで成田が2位、レース後半に追い上げた山本が3位となった。

レース2
雨の影響を受け、路面コンディションがかなり悪化した状態のなか、成田が好スタートを決めた。さらに山本が続いてTeam HRCが1-2態勢を築いた。この2人に平田が追従し、4番手以下は大きく遅れた。
5周目あたりから平田が大きくペースを落とし、これで成田と山本のマッチレースに。
7周目以降、悪い路面コンディションが影響して成田も大きくタイムを落とす周回が多く、10周目には山本が2秒以内まで近づいた。
そして、2人がこの差をほぼキープして迎えたラスト2周の12周目、成田がまさかの転倒。これにより山本が先行して勝利を収め、平田が2位、新井が3位となった。

Gallery

IA1 RESULT Heat.1

1 小方 誠 カワサキ チーム グリーン Kawasaki 33’19.565(17Laps)
2 成田 亮 Team HRC Honda 33’28.035
3 山本 鯨 Team HRC Honda 33’43.955
4 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 33’46.435
5 新井 宏彰 Kawasaki Team GREEN Kawasaki 33’50.413
6 星野 優位 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34’18.019
7 大塚 豪太 T.E.SPORT Honda 34’21.194
8 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ& Annex Club Kawasaki 34’23.699
9 深谷 広一 Team SUZUKI Suzuki 34’58.674
10 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ Honda 35’05.840
11 鈴木 正明 SRF 関東&秀明道場 Suzuki 35’14.328
12 白石 翔也 Y’sレーシング Yamaha -1Lap
13 阿部 公亮 TEAM エム FACTORY Yamaha -1Lap
14 小野 千成 T.E.SPORT Honda -1Lap
15 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki -1Lap
16 長門 健一 チームサクライwithワキレーシング Honda -1Lap
17 諸見里 祐哉 秀明道場 Suzuki -2Laps

IA1 RESULT Heat.2

1 山本 鯨 Team HRC Honda 32’58.793(13Laps)
2 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 33’05.321
3 新井 宏彰 Kawasaki Team GREEN Kawasaki 33’09.554
4 成田 亮 Team HRC Honda 34’05.168
5 星野 優位 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34’22.681
6 深谷 広一 Team SUZUKI Suzuki 35’03.879
7 鈴木 正明 SRF 関東&秀明道場 Suzuki 35’07.105
8 大塚 豪太 T.E.SPORT Honda 35’12.842
9 小方 誠 カワサキ チーム グリーン Kawasaki 35’19.680
10 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ& Annex Club Kawasaki 35’29.655
11 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ Honda -1Lap
12 阿部 公亮 TEAM エム FACTORY Yamaha -1Lap
13 長門 健一 チームサクライwithワキレーシング Honda -2Laps
14 諸見里 祐哉 秀明道場 Suzuki -2Laps
15 小野 千成 T.E.SPORT Honda -3Laps

IA1 RIDERS RANKING

1 山本 鯨 Honda 209
2 小方 誠 Kawasaki 206
3 成田 亮 Honda 201
4 平田 優 Yamaha 176
5 新井 宏彰 Kawasaki 146
6 深谷 広一 Suzuki 133
15 伊藤 正憲 Yamaha 60
17 白石 翔也 Yamaha 39
19 阿部 公亮 Yamaha 30
22 中村 泰介 Yamaha 17

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る