鈴鹿8耐 合同テスト2日目 F.C.C. TSR Hondaがトップタイムを記録し順調にテストを消化

鈴鹿8時間耐久ロードレースに向けての合同テスト2日目が7月12日(水)、三重県・鈴鹿サーキットで行われ、セカンドカーを含め全107台がテストを実施した。

降水確率50%と雨の予報だったが、午前中の走行は晴れとなり、蒸し暑く鈴鹿8耐本番さながらの暑さの中での走行となった。
午前9時から40分間のセッション4がBグループ、Aグループ、午後2時からのセッション6は90分間の走行がBグループ、Aグループの順で行われた。

午後3時近くに、Bグループセッション6の途中から豪雨に見舞われ、落雷の危険性からも赤旗中断、タイムスケジュールが変更となった。激しく降る雨は1時間ほどで上がったものの、続いて行われたAグループでは、完全なウエット路面となり、多くのチームは雨の走行を確認してテストを終了した。

この日の総合トップタイムはF.C.C. TSR Hondaのドミニク・エガーターがセッション6で記録した2分7秒700。
YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGがセッション4で総合トップから0.254秒差の2位に。
YAMAHA FACTORY RACING TEAMのアレックス・ローズがセッション4で2分8秒039を記録し、総合成績3番手となった。

この日7秒台に入ったのはTSRとヨシムラのみで、各チームではセットアッププランを含め最終日の3目に向けての調整を実施していた。

【関連ニュース】
◆鈴鹿8耐 合同テスト1日目 3メーカーのトップチームが揃い踏み
◆鈴鹿8耐 合同テスト3日目 CBR1000RRが3日間にわたりトップタイムを記録

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る