鈴鹿8耐 合同テスト2日目 F.C.C. TSR Hondaがトップタイムを記録し順調にテストを消化

鈴鹿8時間耐久ロードレースに向けての合同テスト2日目が7月12日(水)、三重県・鈴鹿サーキットで行われ、セカンドカーを含め全107台がテストを実施した。

降水確率50%と雨の予報だったが、午前中の走行は晴れとなり、蒸し暑く鈴鹿8耐本番さながらの暑さの中での走行となった。
午前9時から40分間のセッション4がBグループ、Aグループ、午後2時からのセッション6は90分間の走行がBグループ、Aグループの順で行われた。

午後3時近くに、Bグループセッション6の途中から豪雨に見舞われ、落雷の危険性からも赤旗中断、タイムスケジュールが変更となった。激しく降る雨は1時間ほどで上がったものの、続いて行われたAグループでは、完全なウエット路面となり、多くのチームは雨の走行を確認してテストを終了した。

この日の総合トップタイムはF.C.C. TSR Hondaのドミニク・エガーターがセッション6で記録した2分7秒700。
YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGがセッション4で総合トップから0.254秒差の2位に。
YAMAHA FACTORY RACING TEAMのアレックス・ローズがセッション4で2分8秒039を記録し、総合成績3番手となった。

この日7秒台に入ったのはTSRとヨシムラのみで、各チームではセットアッププランを含め最終日の3目に向けての調整を実施していた。

【関連ニュース】
◆鈴鹿8耐 合同テスト1日目 3メーカーのトップチームが揃い踏み
◆鈴鹿8耐 合同テスト3日目 CBR1000RRが3日間にわたりトップタイムを記録

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る