ハスクバーナ、2018エンデューロシリーズを発表 2ストロークはインジェクション化を果たす

ハスクバーナは、2018年モデルとなる新型エンデューロを発表した。
2ストロークモデルと4ストロークモデルを精力的に開発しており、近年ではリザルトにおいても輝かしい成績を残している。

2018年モデルは各国のディーラーを通じて順次デリバリーが開始される予定だ。

KTMと同様、ハスクバーナも2ストロークモデルの一部がインジェクション化

今回発表された2ストロークエンジン搭載の「TE250i」「TE300i」は、燃料供給にインジェクションを搭載し大きな進化を迎えた。
KTMの傘下であるハスクバーナのモデルにも、インジェクションエンジンが搭載されたことはごく自然な流れと言える。

とはいえ、この数年でエンジンやフレームは一部供用としながらも車体構成や外装パーツはハスクバーナモデル独自のデザインが採用されるなど、より性能を高めたものへと進化している。

2メーカーの2ストローク250モデルで比べると、ハスクバーナ「TE250i」はリンク式モノショックをリアに採用。一方KTMの「250 EXC TPI」はリンクレスのモノショックを採用。スイングアームの形状にも、双方で違いがある。また、外装パーツは全く別のデザインと形状が採用されている。

「TE250i」は2017モデルから引き続き、リアのサブフレームにカーボン素材を織り込んだプラスチックを採用し、軽量化に貢献。
ブレーキ、クラッチシステムもマグラ製を採用。KTMの「250 EXC」はBrembo製を採用するなど違いがある。

外装のデザインは2017のハスクバーナモデルで一新されたものを踏襲。リアのサイドパネルがタンクまで大きく伸びる一体式に変更され、サブフレーム付近の張り出しが一段と大きくなった。
これによってリア荷重時などのライダーとマシンの一体感を高める狙いだと思われる。

高められるブランドの価値

ハスクバーナは2014年にKTMの傘下という形でブランドを再構築してからは、エンデューロシーンで数々のタイトルを獲得。
また、モトクロスやラリーレイドにおいても、年々その存在感を増している。

コンセプトモデルとしてオンロードの「VITPILEN」も発表するなど、青、白、黄色のカラーをまとったハスクバーナのラインナップは今後も注目だ。

2018 Enduro 2-STROKE MODEL

TX125


クローズドコース向けの超軽量で小型のTX125は、エンデューロワールドへの足がかりとして開発された。

最新の2ストロークエンジンを搭載し、これまでのTE125モデルに代わって、従来よりもさらに強力で軽量(1.8kg)とコンパクトな新しいエンジンが搭載されている。
さらに、マスの集中化の向上に焦点を当てており、乗車性能を向上、ライダーの疲労軽減に寄与している。

【TX125:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

TE250i


新型のインジェクション式エンジンを採用した、TE250iおよびTE300iマシンは、2ストロークエンデューロバイクの分野に革命を起こす新開発のエンジン技術を搭載している。

左右の掃気ポートに配置された一対の燃料インジェクターを搭載したこのシステムは、あらゆる条件で常に最適な量の燃料をエンジンに供給。燃料消費量と排出ガスを大幅に削減することで、両機種ともスムーズでクリーンなパワーデリバリーを実現している。

クランクケースの圧力と水温センサー、スロットルポジションセンサー、空気圧センサー、吸気圧センサーから情報を収集するECUは、温度と高度の変化を自動的に補正することが可能となっている。まさに最新の2ストロークエンジンだ。

【TE250:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

TE300i


TE250i同様のフレーム、エンジンともに先駆的な電子制御燃料噴射システムを採用した、フューエルインジェクション2ストロークモデル。

また、ブレーキには2018年で初採用となるマグラ製の前後ブレーキシステムを採用。TE250i、モトクロスモデルのTC250同様統一された形となっている。

サスペンションはエンデューロタイプのライディングのために特別に開発された、WP XPLOR 48フロントフォークを装備。リアはコンパクトで軽量、高度な減衰特性を提供するよう設計されたWP DCCリアショックを採用。

【TE300:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

 

2018 Enduro 4-STROKE MODEL

FE250

最軽量で、最もコンパクトな4ストロークエンデューロバイク。新しく設計された重量わずか8.8kgのフレームにより、柔軟性が改善し、衝撃吸収が向上。リンク式リアショックの機能を最大限に得ることができる。

フレームはメイン材にクロームモリブテン鋼、サブフレームにカーボンファイバー素材を配合したプラスチックを採用している。サブフレームは1.4kgと軽量で、十分な強度を確保。

シリーズ共通のマグラ製の前後ブレーキシステムに、サスペンションはWP XPLOR 48フロントフォークとWP DCCリアショックを採用し、操作性を向上させている。

【FE250:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

FE350



450ccに迫る勢いのあるエンジンは、重量、質量の集中化を重点としてコンパクトに設計されている。

高強度アルミニウムを使用して作られたラジエーターは、より効率的に放熱するだけではなく、ラジエーターの周りやフレームへの衝撃かをかわす役割も果たしている。

装備されているセルスターターをスタートさせるのはリチウムイオン電池で、従来の鉛蓄電池よりも1キロ軽量化され、かつ強力な始動力を誇る。

また、エンジン管理システム「ケーヒンEMS」により、完璧なスタート、選択可能なエンジンマップ、トラクションコントロールのための発進制御が統合されている。

【FE350:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

FE450

29.7kgのエンジンは、そのクラスで比類のないパフォーマンスを発揮。乗る能力と車体への信頼性を提供する最新の技術を採用している。

フレーム、サスペンションなどはシリーズ共通。

【FE450:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

FE501

ハスクバーナエンデューロモデルの中で最も強力なエンジンを持つFE501。30.1㎏のエンジンは、ハスクバーナのなかで最高レベルのパフォーマンスを提供する。

すべての4ストエンデューロモデルに標準装備されている、マップスイッチとトラクションコントロールが一体となったスイッチボックスは、路面状況やライダーの好みで選択することが可能となっている。

【FE501:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

 

【関連ニュース】
◆【新車】ハスクバーナ、2018年モデルとなる「FS 450 SUPERMOTO」を7月に発売
◆【新車】ハスクバーナ、2018年モデルのモトクロッサーを発表
◆【KTM】2018モデルのエンデューロシリーズを発表 2ストロークモデルがインジェクション化!

情報提供元 [ Husqvarna Motorcycles ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る