キムコ、新フラッグシップモデル「AK550」の100台一斉納車イベントを台湾で開催

50年の歴史を記念する新フラッグシップモデル

KYMCO(キムコ)は、新フラッグシップモデル「AK550」を台湾で発表。台湾国内で「AK550」を予約した先着100名を大鵬湾サーキットに招待し、100台一斉納車イベントを開催した。

「AK550」は軽量かつ高剛性なアルミニウムフレームに、270度クランクのクロスプレーン燃焼550cc並列2気筒エンジンを搭載。前49:後51という理想的な前後重量配分を実現した、KYMCO 50年の歴史※1を記念する新たなフラッグシップモデルだ。

2017年第一四半期の受注開始以降※2、台湾国内では400台以上、ヨーロッパではイタリアを中心に4,000台以上が予約され、グローバルマーケットにおいて好調な滑り出しを開始している。

※1:キムコを展開する光陽工業は1964年に台湾で設立されホンダのオートバイを製造してきたが、1992年にKYMCOブランドとして独立しグローバルマーケットでの二輪車販売を開始した。2017年現在KYMCOブランドの製品は世界102の国と地域で販売され、2016年の世界販売台数は122万台を超えるなど世界屈指の販売台数を誇るブランドへと成長している。

※2:日本での受注は開始していない。

イベントの様子(画像)

イベントの様子(動画)

情報提供元 [ キムコジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る