ヤマハ発動機、独自技術「LMWテクノロジー」の実証テスト動画2017年版を公開

LMWの疲れにくさ、魅力をわかりやすく解説

ヤマハ発動機は、第三の移動体「TRICITY」に搭載したLMWテクノロジーを、動画で技術的に解明・解説する「LMWテクノロジー実証テスト」の2017年版を公式サイトにて公開した。

実証テストは3つに分けられており、用意された比較二輪との違いを検証。車体の安定感、視野の広さ、NASAが開発した指標に基づいた運転時の精神的負担感など、総合的な評価が各動画でわかりやすく解説されている。

また、アニメやバラエティー番組などで活躍中の声優、若本規夫氏が解説している点も注目だ。

実証テスト

■Fact 1

車体の安定性を計測、比較二輪より安定していることを解説

計測法
車体に姿勢角センサ・舵角センサとGPSを装着し、走行データを実測。
スラローム、旋回、直線走行など色々なシチュエーションの走行実験を実施、様々なライダーが運転し多数のデータ元に分析。

■Fact 2

運転中の視野を計測、比較二輪より視野が広いことを解説

計測法
ライダーの視点データ検出と頭部の動きを計測できる特殊なグラスを装着し運転。
走行中の視点と頭部の動きから有効視野を計測。
視野の広さについて比較。

■Fact 3

運転時の精神的負担感を計測、比較二輪より精神的負担感が小さいことを解説

計測法
走行試験のライダーはプロフェッショナルライダー、複数人のデータを採取。規定に沿った走行を行った後、NASAが開発した「NASA-TLX指標」に基づいて運転時の精神的負担感を測定。

LMWテクノロジー実証テストページ

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lmw/technology/

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る