スズキ、海外グローバルサイトでフルモデルチェンジされた「RM-Z450」2018年モデルを発表

スズキは、スズキのグローバルサイトで2018年モデルとなる「RM-Z450」を発表した。

スズキは、2017 FIMモトクロス世界選手権MXGPに参戦している、スズキファクトリーチーム「Suzuki World MXGP Team」体制発表会に併せて、フルモデルチェンジされたファクトリーマシン「RM-Z450WS」を世界初公開していたが、市販モデル「RM-Z450」もフルモデルチェンジし、リリースされた形となった。

▲ファクトリーマシン「RM-Z450WS」


>>Suzuki Racing:2017 RM-Z450WS

2018 RM-Z450

完全に再設計されたRM-Z450は、スタイリッシュなレース対応の外観に、より強力なエンジンと軽快なシャシーで包み込み、スズキの伝統を継承するデザインとなっている。

2018年モデルとなるRM-Z450はスズキの走る、曲がる、止まるという理念を元に開発され、優れた制動力と高いピークパワーを持ち、より強く軽く軽快なシャシーを備え、コーナリング性能を向上させている。

吸入流路と電子制御のアップデート

エンジン関連ではエアーフィルタの開口部が30%大きくなり空気の流入量を拡大。吸入経路もストレートになり、吸気抵抗が低減され、全体のパワー感が増大。

燃料インジェクターは、噴霧効率を改善するために、燃料噴射を上向きにしてスロットルバタフライ弁に直接送るように改善。吸気ポートの内部では、シリンダーに入る際の流入渦を改善するために形状が更新され、すべての回転域でパワーが増強された。

また、エンジンの電子制御システム第3世代となり、第1世代のシステムよりも多くのメモリ容量としている。エンジン制御モジュール(ECM)は、スロットル位置、エンジン回転、およびギア位置に基づいて、点火時期および燃料噴射を自動的に調整する。

スズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)も最新版となり3段階に調整可能。どんな路面であってもモードを選ぶことで最適なパワーを供給し、6秒後か5速に入った段階で、通常の制御に戻るようになっている。

フレームの見直しと、新型「GSX-R1000R」と技術共用した最新の足回り

そのほか、フレームは旋回性向上のためにディメンションが見直され、メインフレーム部分の形状も変更。全体で700g軽量化されている。スイングアームも100g軽量化され剛性の見直しが施され、コーナリングの安定感向上に寄与している。

また、新しく設定されたショーワのフロントとリアのサスペンションは、なんと新型のGSX-R1000Rとテクノロジーを共用し、快適性を向上させ、疲労の軽減に寄与している。

2018 RM-Z450 主要諸元

エンジン 単気筒、4ストローク、液体冷却、DOHC
スターター 一次キック
変速 5速
フロントサスペンション 49mm、ショウワスプリングフォーク、完全調整可能
リアサスペンション ショウワバランスフリーリアクッション(BFRC)ショック
フロントブレーキ ニッシンツインピストンキャリパー、270mmウェーブディスク
リアブレーキ ニッシンシングルピストンキャリパー、240mmウェーブディスク
燃料容量 6.3L
チャンピオンイエロー
座席の高さ 960mm
長さ 2175mm
835mm
高さ 1260mm
ウェット重量 112kg
ホイールベース 1480mm
モデルコード RM-Z450L8

【RM-Z450:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る