【新車】ドゥカティ、伝説的L型2気筒エンジンの偉業を称えるモデル「1299パニガーレRファイナルエディション」を発表

ドゥカティは、2017年7月7日に米国カリフォルニア州のラグナセカで開催された、スーパーバイク世界選手権第8戦で、スーパーバイク世界選手権(SBK)史上もっとも多くの勝利を飾った伝説的L型2気筒エンジンの偉業を称えるモデル「1299Panigale R Final Edition」を発表した。

また、この歴史的な瞬間を祝うため、Aruba.it Racing–Ducatiチームは、2台のオフィシャル・レース・バイクを、新型1299 Panigale R Final Editionと同じカラーリングにすることを決定。SBKに参戦中のチャズ・デイビス選手とマルコ・メランドリ選手は、このスペシャル・カラーを纏ったバイクで、土曜日のレース1と日曜日のレース2を戦った。

日本での導入は11月を予定しており、メーカー希望小売価格は4,550,000円(税込)。

最先端のパフォーマンス

1299 Panigale R Final Editionは、ドゥカティL型2気筒エンジン史上最強の1299 Superleggeraと同じ、207hp/11,000rpmのパワーと14.5kgm/9,000rpmのトルクを発生。ユーロ4規制に適合したスーパークアドロ・エンジンの“Final Edition”には、より大型のクランク・ピンとタングステン・バランシング・ウェイトを採用することにより、軽量化されたクランクシャフトが装着されている。

マフラーはハイポジション・デュアル・サイレンサーを備えたアクラポビッチ製チタニウム・エグゾースト(ユーロ4規制準拠)が装着されており、これは、SBKに参戦しているパニガーレと同じ仕様。

また、限定生産モデルではないが、各バイクには生産順にシリアル・ナンバーが刻印される。

以下プレスリリースより

伝説的L型2気筒エンジンの偉業を称えるモデル

ドゥカティ史に名を残し、スーパーバイク世界選手権の歴史に燦然と輝くエンジンに敬意を表した、きわめて特別なモデルが誕生しました。

新型1299 Panigale R Final Editionは、ただ単に専用のカラーリングを纏っただけのモデルではなく、また、限定生産モデルでもありません。イタリア国旗を模したトリコローレ・カラーは、このニューモデルに搭載されることによって頂点を極めたドゥカティL型2気筒エンジンに対する賛辞を表しています。

ドゥカティは、そのワールドプレミアの場として、今週末にスーパーバイク世界選手権の第8戦が開催される米国カリフォルニア州のラグナセカを選びました。

ドゥカティ・モーター・ホールディング最高経営責任者(CEO)のクラウディオ・ドメ二カーリが、Aruba.it Racing–Ducatiチームのオフィシャル・ライダー、チャズ・デイビスとマルコ・メランドリと共に、新型1299 Panigale R Final Editionを発表しました。両ライダーは、このニューモデルのプレゼンテーション・ビデオにも登場しています。

■カラー
レッド、ホワイト、グリーン(ホイールはレッド)

■導入
2017年11月を予定

■メーカー希望小売価格
4,550,000円(税込)


1299Panigale R Final Edition 主要諸元


【関連ニュース】
◆[SBK]Rd.8 レース1でデイビス、レース2でレイが優勝 サイクスを含めた3人が両レース表彰台を独占
◆V4搭載のドゥカティ新型スーパーバイクがWSBラグナセカでお披露目か!?

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る