元WGPチャンピオン ケビン・シュワンツ氏が、鈴鹿8耐第40回記念大会に来日!

7月27日(木)からはじまり30日(日)に三重県・鈴鹿サーキットで決勝レースが行われる「2016-2017 FIM 世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」に、元スズキのエースライダーで、1993年にスズキRGV-Γ500でロードレース世界選手権500ccクラスチャンピオンを獲得したケビン・シュワンツ氏が来日する。

特に鈴鹿は同氏にとって、GP500時代に初優勝を飾り、レースキャリア中、全8レースを戦って優勝5回、表彰台2回と圧倒的強さを発揮したコースでもある。

来日中は、土日を中心にスズキのイベントブースでファンサービスが予定されており、新型GSX-R1000とケビン・シュワンツ氏のイベント企画も計画され、鈴鹿サーキットの公式行事にも精力的に参加するなど、日本最大のバイクの祭典に花を添える。

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
  4. 前回:カスタムプロジェクト#2 塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イ…
ページ上部へ戻る