[WCT]Rd.5 Hondaのトニー・ボウと藤波貴久が1-2フィニッシュ!

王者ボウに迫って苦しめたのは、チームメイトの藤波

イギリスのトングで行われた世界選手権の第5戦。会場となったバークウッド・オフロードセンターに設けられたセクション群は、かなり厳しいものだった。

泥が載った河川敷は難度が高くライダーたちを苦しめたが、その中でRepsol Honda Teamのトニー・ボウと藤波貴久が1-2フィニッシュを達成した。

予選トップだったボウは、決勝でも序盤から圧倒的な技量を発揮。1ラップ目から2番手にダブルスコアをつける強さをみせつけ、見事優勝。しかし今回、ボウに迫って苦しめたのがチームメイトの藤波だった。ボウに次いで2位表彰台を獲得した。

TRSのA・ラガは、藤波に次ぐ3位表彰台。ランキング2位の座を堅守した。

好調のブストは6位

チームメイトのハイメ・ブストは、今大会も序盤は好調。今回もまた表彰台獲得かと思わせたが、1ラップ目の中盤から調子を落とし、2ラップ目にリカバーしたものの、今回は6位という結果に終わった。

前戦でランキング3位に浮上したブストだったが、今回の結果で、ランキング3位の座を藤波に取って代わられ、7点差で4位となっている。

次回は7月28日(金)~30日(日)、アメリカアリゾナ州のキングマンで開催される。

Gallery

リザルト(上位6名)

1 1 トニー・ボウ Honda 8 13 21
2 3 藤波貴久 Honda 22 6 28
3 67 A.ラガ TRS 20 10 30
4 7 J.ダビル ガスガス 16 16 32
5 47 J.ファハルド ヴェルティゴ 17 15 32
6 69 ハイメ・ブスト Honda 26 14 40

ポイントランキング(上位6名)

1 トニー・ボウ Honda 115
2 A.ラガ TRS 97
3 藤波貴久 Honda 78
4 ハイメ・ブスト Honda 71
5 J.ファハルド ヴェルティゴ 71
6 A.カベスタニー シェルコ 65

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る