[SBK]Rd.8 レース1でデイビス、レース2でレイが優勝 サイクスを含めた3人が両レース表彰台を独占

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第8戦アメリカ大会
■開催地:アメリカ/マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ(1周 3.610km)
■周回数:レース1 25周(90,250 km)、レース2 25周(90,250 km)

レース1
■開催日:2017年7月8日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:28度
■路面温度:54度
■PP:T・サイクス(Kawasaki/1分22秒476)
■FL:J・レイ(Kawasaki/1分23秒533)

レース2
■開催日:2017年7月9日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:21度
■路面温度:49度
■PP:T・サイクス(Kawasaki/1分22秒476)
■FL:J・レイ(Kawasaki/1分23秒275)

レース1:怪我から復帰したデイビスが見事に勝利

スーパーバイク世界選手権第8戦アメリカ大会が、7月8日~9日、マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカで開催。晴天には恵まれたが、コースの路面温度は50度を超えるほどの酷暑のなか、決勝レースが行われた。

レース1では、Ducatiのチャズ・デイビスがスタートから積極的な走りを展開。路面が高熱のため、グリップ不足に苦しみながらも、11周をかけてリードをとり、トップでフィニッシュした。

デイビスは3週間前に行われたイタリア大会で不運な負傷を喫し、レース2を棄権。ランキング争いに絡んでいる身としては苦渋の決断だった。

その後も今大会に照準をあわせて治療に専念していたため、ライバル達に比べ、コンディション的に厳しい立場での参戦だったが、自身の実力を発揮し、見事に勝利を収めた。

ライバルの筆頭と言えるKawasakiのジョナサン・レイとトム・サイクスも、それぞれ2位、3位表彰台を獲得。しっかりと結果を残した。

レース2:Kawasaki勢が逆襲。1-2フィニッシュを実現

レース2ではサイクスとレイが逆襲。グリッド7位と8位からのスタートだったが、記録的なペースで順位を上げた。特にレイは、2周目に1分23秒75を記録。最終的にレイ、サイクスの順で1-2フィニッシュを実現した。

デイビスも負けじと3位でフィニッシュ。結果的に、両レースともランキングトップ3のライダーたちが表彰台を独占する形となった。デイビスのチームメイト、マルコ・メランドリも両レースとも4位で終えており、確実にポイントを獲得した。

ライダースランキング:上位陣は変動なし

前回大会終了後から上位5名の順位変動は無かったが、デイビスが怪我からのブランクを乗り越え、優勝争いに食らいついたことは大きい。メランドリもその後に続き、Kawasaki勢をDucati勢が追う展開が続いている。

選手権はこの後夏休みに入り、第9戦は8月18日~20日、ドイツのラウシッツリンクで開催される。その間、Yamahaのローズとファン・デル・マークは、7月28日から30日にかけて行われる鈴鹿8時間耐久レースに出場予定だ。

Gallery

RESULT Race.1

1 C・デイビス Ducati GBR 35’14.812
2 J・レイ Kawasaki GBR 00’01.202
3 T・サイクス Kawasaki GBR 00’05.798
4 M・メランドリ Ducati ITA 00’17.574
5 X・フォーレス Ducati ESP 00’21.159
6 L・キャミア MV Agusta GBR 00’23.016
7 J・トーレス BMW ESP 00’31.986
8 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 00’32.933
9 L・メルガド Aprilia ARG 00’35.936
10 L・サバドリ Aprilia ITA 00’36.912
11 S・ブラドル Honda DEU 00’44.961
12 R・ラモス Kawasaki ESP 00’45.203
13 R・デ・ロサ BMW ITA 00’45.901
14 A・デ・アンジェリス Kawasaki RSM 00’46.043
15 J・ガニエ Honda USA 00’46.805
16 A・バドビーニ Kawasaki ITA 00’ 54.463
17 R・クルメナッハ Kawasaki CHE 00′ 56.989
18 J・シュムルツ Yamaha CZE 01’06.108
19 O・ジェゼック Kawasaki CZE 0 1’11.766

RESULT Race.2

1 J・レイ Kawasaki GBR 35’03.414
2 T・サイクス Kawasaki GBR 00’02.887
3 C・デイビス Ducati GBR 00’04.847
4 M・メランドリ Ducati ITA 00’17.159
5 X・フォーレス Ducati ESP 00’22.741
6 E・ラバティ Aprilia GBR 00’26.337
7 L・メルガド Aprilia ARG 00’28.475
8 L・サバドリ Aprilia ITA 00’29.718
9 A・ローズ Yamaha GBR 00’33.044
10 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 00’33.541
11 S・ブラドル Honda DEU 00’36.756
12 R・ラモス Kawasaki ESP 00’43.031
13 A・デ・アンジェリス Kawasaki RSM 00’47.306
14 R・クルメナッハ Kawasaki CHE 00’50.488
15 J・ガニエ Honda USA 00’51.093
16 J・シュムルツ Yamaha CZE 00’59.197
17 O・ジェゼック Kawasaki CZE 01’00.571

RIDERS RANKING(上位7名)

1 J・レイ Kawasaki 341
2 T・サイクス Kawasaki 282
3 C・デイビス Ducati 226
4 M・メランドリ Ducati 189
5 A・ローズ Yamaha 148
6 X・フォーレス Ducati 132
7 M・ファン・デル・マーク Yamaha 129

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る