TSR、鈴鹿8耐参戦体制を確定 3人目のライダーにランディ・ドゥ・プニエを起用

F.C.C. TSR Hondaは、7月27日(木)~30日(日)に鈴鹿サーキットで開催される鈴鹿8耐において、参戦体制を確定・発表した。

未発表だったステファン・ブラドル、ドミニク・エガーターに続く3人目のライダーには、元MotoGPライダーであり、今季のEWCで連続表彰台などの実績を持つ「ランディ・ドゥ・プニエ」を起用する。

ランディ・ドゥ・プニエは、13日(木)まで当地で行われる鈴鹿8耐に向けたテストへ参加する予定だ。

以下公式サイト、公式Facebookページより


F.C.C. TSR Honda チーム概要

■ナンバー
5(EWCレギュラーチーム)

■マシン
Honda CBR1000RR

■タイヤ
ブリヂストン

■総監督
藤井正和

■ライダー
ランディ・ドゥ・プニエ(Randy De Puniet)
ステファン・ブラドル(Stefan Bradl)
ドミニク・エガーター(Dominique Aegerter)

■チーム
鈴鹿8耐特別編成チームクルー

「ランディ・ドゥ・プニエ」プロフィール

■国籍
フランス

■生年月日
1981年2月14日

■主な成績
2016-17年
EWC開幕戦ボルドール24時間耐久レース 2位
EWC第2戦ル・マン24時間耐久レース 3位
以降MotoGP各メーカーの開発ライダーを継続

2014年
鈴鹿8耐初参戦 MotoGP開発ライダー

2013年
MotoGP参戦 MotoGP開発ライダー

2012年
MotoGP参戦 ランキング 13位

2011年
MotoGP参戦 ランキング 16位

2010年
MotoGP参戦 ランキング9位

2017Suzuka0705Testing_RandyDePunietVoice

2017Suzuka0705Testing_RandyDePunietVoice
鈴鹿8耐4メーカーテスト初日7月5日(水)/ランディ・ドゥ・プニエのインタビュー
#FIMEWC #FCCTSR

<和訳>
『グランプリでは何度も日本に来てるけど、鈴鹿8耐は2回目なんだ。8耐は世界でも誰でも知っている最も有名で重要なレースだから、F.C.C. TSR Hondaで参加できてとても嬉しいよ。
3年前(2014年)には2位だったから、もちろん、目標は優勝だよ。今シーズンのEWCとしては、ボルドールで2位とルマンで3位と表彰台に上がっているけど、優勝はないからね。特別な鈴鹿8耐というレースで優勝したいんだ。
F.C.C. TSR Hondaはプロフェッショナルなチームで、鈴鹿8耐でも何度も優勝のあるチームだから、そこに加わることができて、とても誇りに思っている。良いライダー、速いライダーも揃っているし、チームもとてもモチベーションが高くて良い仕事をしてくれる、まだ1日しかいないけど雰囲気も良いんだ。
Hondaの新型バイクはとても高いポテンシャルを感じる。本物のファクトリーマシンだよ。鈴鹿8耐では日本のファクトリーマシンで戦うことが必須だから。ただ、まだ数周しか乗っていないので、未だ詳しくは言えない。明日とこれからのテストで徐々に走り込んでいくよ。
レースに向けてはモチベーションもとても高くなっているよ。良いチームと速いライダーたちと共に優勝を目指して頑張るよ』

TSR/Technical Sports Racingさんの投稿 2017年7月5日

→全文を読む

情報提供元 [ TSR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪オークションを運営するビーディーエスは、「第1回柏バイク祭り」を10月22日(日)にビー…
  2. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  3. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  4. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
ページ上部へ戻る