2017パイクスピークでKTMを駆るフィルモアが最高峰クラスで勝利!レコードタイムを記録

二輪でのコースレコードを更新した歴史的優勝

2017年6月26日、KTMのネイキッドモデル「1290SUPER DUKE R/スーパー・デュークR」を駆るクリス・フィルモアが、アメリカのコロラド州で開催された「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレース」において優勝を飾った。

フィルモアは元AMAスーパーバイク選手権/現MotoAmerica選手権でKTMのスーパースポーツバイクを走らせている選手だ。

今回参戦したのは最高峰クラスとなるヘビーウェイト・モーターサイクル・クラス。二輪でのコースレコードを更新した歴史的優勝となった。

フィルモアが駆った「1290SUPER DUKE R」はKTMのオプションパーツシリーズ/Power Parts(パワーパーツ)でセットアップされ、標高4,302m地点まで、19.99kmのコースを9分49秒625で駆け抜けた。

以下公式サイトより


驚くべきことに、アメリカのスーパーモタード選手権でタイトルを獲得し、スーパーバイク選手権も戦ったフィルモアが、パイクスピークでは新人だったのです。

この世界一有名なヒルクライムレースでのKTMのポテンシャルに対し「素晴らしい」と表現したフィルモアは、山頂までの156コーナーを攻めきりました。

同時にフィルモアは、パイクスピークに参加できたことに感謝の意を表し、この歴史的なレースの歴史の一部になったことを大いに喜びました。そしてライダーの安全を確保するために入念な準備を重ねた主催者を称賛しました。

フィルモアのコメント

目標は、ルーキーイヤーである今年にコースレコードを更新することだった。しかしレースが始まると、コースは3つのセクションに別れていて、それぞれ走行時間が分けられていることが分かった。

したがってコースを通して走ったのは、タイムアタックのときが最初だった。そこではウォームアップランもサイティングラップもなく、ただ順番にスタートしていくだけだった。

だからレース前は、レコードを更新できる確信が得られなかった。もちろんスタート地点からは、あらゆる地点のコンディションも予測できなかった。

またバンピーな路面がいたるところにあり、レコード更新は難しいだろうと、多くのライダーにアドバイスを受けた。しかし、だからこそレコードを更新する価値があると感じた。

自分は最高のバイクと最高のサポートを受け、目標を達成した。そして1290SUPER DUKE Rの高いポテンシャルを見せつけ、KTMの名をパイクスピークのレース史に刻むことができた。こんなに嬉しいことはない。

→全文を読む

情報提供元 [ KTM ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る