ZRX1200 DAEGが3連覇!バイク王 バイクライフ研究所、リセール・プライスランキングを発表

トップテンの常連「カワサキ・ZRX1200 DAEG」が3連覇!

バイク王バイクライフ研究所は、2017年3月~5月の期間を対象に、「再び売却した際、高値の付くバイク」=「“リセール・プライス”の高いバイク」上位10車種を発表した。

“リセール・プライス”の高いバイクは需要の高いバイク、つまり人気のあるバイクと言い換えることもできる。21回目となる今回は「カワサキ・ZRX1200 DAEG」が3連覇を達成した。

また、2位に「W800」、3位に国内仕様が発売された「Z1000 ABS」が早くもランクイン。カワサキ車がトップ3を占め、全体的には大型車種が半数を席巻する結果となった。

▲W800

▲Z1000 ABS

以下公式サイトより


総合ランキング

1 カワサキ・ZRX1200 DAEG 83.1Pt
2 カワサキ・W800 81.7Pt
3 カワサキ・Z1000 ABS 79.1Pt
4 ヤマハ・XSR900 78.1Pt
5 ホンダ・CB400 SUPERFOUR 75.0Pt
6 ホンダ・CRF1000L 73.3Pt
7 カワサキ・ESTRELLA 72.4Pt
8 ホンダ・ジョルノ 72.0Pt
9 カワサキ・Ninja250 71.7Pt
10 ヤマハ・YZF-R25 70.8Pt

※対象期間:2017年3月~5月

21回目となる『リセール・プライス』ランキングは、『カワサキ・ZRX1200 DAEG』が2位に1.4pt差を付け首位に輝きました。

今回のランキングには、カワサキ・Z1000 ABSが初めてランクインしました。同車種は2017年4月より国内仕様の販売が開始された、Zシリーズのフラッグシップモデルです。

他モデルとは一線を画す独特なフロントマスクや、逆輸入仕様とほぼ同等の141PSを発生させるパワフルなエンジンを備えており、ランキング初登場ながら総合3位という好成績を収めました。

カワサキでは同車種の他にも、Ninja1000やNinja650/Z650など、これまで海外仕様のみだった車種の国内仕様が発売されており、今後のランキングへの影響が注目されます。

また、今回のランキングでは、400ccを超える大型車種が多くランクインしました。バイク王の販売データを参考にした分析によると、全排気量のうち同クラスの占める割合が6、7月に比較的高くなります。

中古車市場でもこの季節は高排気量車の需要が高まり、リセール・プライスが上昇したものと推察されます。

各メーカーより新型モデルが続々と発表される中、今後のランキングにも影響を与えるのでしょうか。引き続き、『リセール・プライス』ランキングにご注目ください。

排気量別ランキング上位5位

原付一種・二種

1 ホンダ・ジョルノ 72.0Pt
2 ホンダ・リトルカブ 70.4Pt
3 ホンダ・クロスカブ 69.7Pt
4 カワサキ・Z125 PRO 68.6Pt
5 ホンダ・PCX 67.7Pt

軽二輪

1 カワサキ・ESTRELLA 72.4Pt
2 カワサキ・Ninja 250 71.7Pt
3 ヤマハ・YZF-R25 70.8Pt
4 ヤマハ・SEROW250 69.8Pt
4 ヤマハ・YZF-R25 ABS 69.8Pt

中型二輪

1 ホンダ・CB400 SUPERFOUR 75.0Pt
2 カワサキ・Ninja 400 70.2Pt
3 ホンダ・CB400 SUPERFOUR ABS 69.8Pt
4 ホンダ・CBR400R ABS 67.9Pt
5 ヤマハ・SR400 63.7Pt

大型二輪

1 カワサキ・ZRX1200 DAEG 83.1Pt
2 カワサキ・W800 81.7Pt
3 カワサキ・Z1000 ABS 79.1Pt
4 ヤマハ・XSR900 78.1Pt
5 ホンダ・CRF1000L 73.3Pt

→全文を読む

情報提供元 [ バイク王&カンパニー ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、「オフロードミーティング」の11月25日(日)開催分の参加申し込みを開始した。 …
  2. ※イメージ画像 KTMの正規ディーラー、丸富オート販売は、2018年10月13日(土)にK…
  3. ▲1290 SUPER DUKE GT ※Photographer : Schedl R. …
  4. インポートモデルの試乗会「WORLD MOTO 2018」が10月28日(日)に大阪府の泉大…
ページ上部へ戻る