ホンダと日立オートモティブシステムズが電動車両用モーター事業を行う合弁会社を設立

ホンダと日立オートモティブシステムズは、7月3日に電動車両用モーターの開発、製造および販売を事業として行う合弁会社「日立オートモティブ電動機システムズ」を、設立したことを発表した。

新会社は、所在地である茨城県が定める「本社機能移転促進補助金」対象事業の認定を受け、茨城県ひたちなか市にある日立オートモティブシステムズの敷地内に所在する。

電動車両市場はさらなる拡大が見込まれている中、両社は自動車メーカーとサプライヤーの協業により、技術的なシナジー効果やスケールメリットを創出し、電動車両システムの中核を構成するモーターの競争優位性と事業基盤を堅固とすることを目指し、今年2月に合弁会社の設立で基本合意。両社で協議を重ね、設立準備を進めてきた。

代表取締役社長には日立オートモティブの山口登氏が就任。出資金は50億円で、出資比率は日立オートモティブシステムズ51%、ホンダ49%。
グローバルに拡大する自動車メーカー各社の電動車両用モーターの需要に対し、両社の知見を合わせた競争力あるモーターで応えるとしている。

会社概要

名称:日立オートモティブ電動機システムズ株式会社
(英文名:Hitachi Automotive Electric Motor Systems, Ltd.)
所在地:茨城県ひたちなか市高場2520番地
代表者:代表取締役社長 山口 登
事業内容:電動車両用モーターの開発、製造および販売
出資金:50億円(資本金:25億円 資本準備金:25億円)
設立日:2017年7月3日
出資比率:日立オートモティブシステムズ株式会社 51%、本田技研工業株式会社 49%

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る