カワサキ、 「ニンジャ250R」「KLX250」「D-TRACKER X」にエンジンが始動できなくなるおそれ

■リコール対策届出日
平成29年7月3日

■リコール対策届出番号
4072

■リコール対策開始日
平成29年7月3日

■届出者の氏名又は名称
川崎重工業株式会社
代表取締役社長 金花 芳則

■問い合わせ先
カワサキモータースジャパン
お客様相談室 TEL 0120-400-819
>>カワサキ リコール・改善対策・サービスキャンペーン情報

■不具合の部位(部品名)
燃料装置(燃料ポンプ)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料ポンプにおいて、バッテリから供給される電圧の変動と、燃料ポンプの製造バラツキにより、内部部品が早期に摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、摩耗が進行し、燃料ポンプが作動不良となり、エンジンが始動できなくなるおそれがある。

■リコール措置の内容
全車両、燃料ポンプを対策品に交換する。

■不具合件数
12件

■事故の有無
無し

■発見の動機
市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、ステアリングヘッドパイプにNo.4072 のステッカーを貼付する。

■車名
カワサキ

■通称名
・ニンジャ250R
・KLX250
・DトラッカーX

■型式
・JBK-EX250K
・JBK-LX250S
・JBK-LX250V

■改善対策対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「ニンジャ250R」
  型式:JBK-EX250K
  車台番号:EX250K-A00152 から EX250K-A49225
  製作期間:平成20年2月18日 から 平成24年11月27日
  対象台数:19,990台

・通称名:「KLX250」
  型式:JBK-LX250S
  車台番号:LX250S-A00072 から LX250S-A24843
  製作期間:平成20年1月26日 から 平成28年12月27日
  対象台数:4,677台

・通称名:「DトラッカーX」
  型式:JBK-LX250V
  車台番号:LX250V-A00030 から LX250V-A10681
  製作期間:平成20年1月26日 から 平成28年12月8日
  対象台数:4,396台
  

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成20年1月26日 から 平成28年12月27日
・計3型式3車種
・計29,063台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

ページ上部へ戻る