[Webikeチームノリックヤマハ]2017年全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦

■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 オートポリス
■開催日:2017年6月24日(土)~ 6月25日(日)
■開催場所:大分県 オートポリス

全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 JSB1000クラスでウェビックチームノリックヤマハの上和田 拓海選手が出場しました!

予選レポート

予選日である土曜日は雨と霧が発生し、JSB1000を除くクラスは順延・中止などが相次ぎました。しかしJSB1000は大幅に遅延したものの、土曜日に予選が開催されました。

視界がすぐれないレインコンディションでの予選となり、開始後更に雨脚が強くなったため、後半のタイム更新は期待できない状況でしたが、上和田選手はそんな逆境で奮闘しました。

最終周となる13ラップ目でべストラップを記録し8番手タイムでアタック終了という、JSB1000に参戦してから最も良い予選結果となりました!

決勝レポート

日曜日の決勝では雨が落ち着きました。良好なスタート切りましたが、途中接触により順位を落とし19番手まで下がってしまいます。5周目に突入したところで視界不良による赤旗が上がり、残り12周を残して仕切り直しとなりました。

再スタートした2レース目は19番グリッドからのスタートです。1周目には16位まで浮上。最後は15位でフィニッシュとなりました!

全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦は8/19日(土)~ 8月20日(日)に再びツインリンクもてぎでのレースとなります。

応援をよろしくお願いします!

上和田 拓海

全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000

決勝リザルト:15位 Best Time:1’53.249

上和田 拓海 選手コメント

金曜日の走行枠では、シフト関係で解決したかった問題に取り組みましたが、良いリズムでなかなか乗る事が出来ず苦戦していました。

土曜日の予選はレインコンディションで、更に霧の視界不良によるディレイが続き、なんとか行われたという状況。予選の中盤辺りからの雨の量が増えたことで大幅にコンディションが変わってしまいました。

自分は序盤にタイムを出す事が出来なかったので、諦めずに走り続け、なんとか最後の周でタイムを出すことで8番手で終了することができました。

グリットとしては悪くなかったと考えており、しっかりと前に付いて行こう!という決意で決勝レースに臨みました。

決勝レースでは路面も乾き始めたコンディションでのレースとなりました。
スタートは悪く無く、無難に1コーナーを立ち上がる事が出来たのですが、その先の第1ヘアピンで接触があり19位までポジションを落としてしまいました。その後、霧の影響で赤旗が出てしまい、再スタートグリットは19番グリットになってしまいました。

そして再スタート。いくつかポジションは上げていけたのですが金曜日まで抱えていた問題の対策として、大幅にセッティングを変更しました。この影響でマシンの印象はガラッと変わってしまい、最初から最後までペースを上げ切る事が出来ないまま15位で終わりました。

接触などの色々な問題はありましたが、今回は予選が悪くなかっただけに、このような結果になってしまった事は悔しい気持ちと不甲斐ない気持ちでいっぱいです。まだまだバイクへの適応力を磨かなければならないと痛感しました。

しっかりとトレーニングを積んで、次戦のもてぎではもっとレベルの高い走りが出来るように準備します。今回もたくさんのファンの皆様、そしてたくさんのサポートして下さるスポンサーの方々、本当にありがとうございました。

photo by Ishizaki Nobuki , Komai Toshiyuki

情報提供元 [ Webike motosport ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲FXDRTM 114 参加無料の公道乗り比べ試乗会! ハーレーダビッドソン ジャパンは、1…
  2. ユーザーから注目を浴びたヤマハ車はこれだ! 前回のホンダのモトレポート10選に続き、今…
  3. アルパインスターズからのクリスマスプレゼント! 岡田商事は、人気ブランドAlpinesta…
  4. 鈴鹿サーキットは、2019年1月1日(火・祝)~12月31日(火)までの1年間、キャラクター…
ページ上部へ戻る