[TSR]EWC Rd.4 スロバキア8耐 トラブルで順位を落とし21位フィニッシュ。ランキングも6位に後退

スロバキアリングのレースは、日を追う毎にライダーたちのタイムも上がってきた。特にジョシュは予選初日木曜日のナイトセッションで2分4秒9まで上げると、金曜日の最終予選ではそれをさらに上回る4秒369、オールオーバーで3番目のタイムをマークした。

そのジョシュはスタートライダーを務めることになった。またチームのレースプランでは、8回ストップの9スティント各24〜6周で戦略が練られ、そのうちジョシュが半分以上の5スティントを担当することになっていた。要するに若くて一番元気でかつタイムも抜群、ということになる。

ジョシュは好スタートを切り、早速2番手にポジションアップ、3周目にトップに浮上、その後は後方から迫ってきた同郷のブロック・パークスと共にテールtoノーズの軽やかなポジション争いを展開し、序盤のレースを盛り上げて、場内を沸かせた。

予定通りダミアンにトップでスイッチ、ポジションは3番手に落としたが、依然としてポジションをキープして再びジョシュに交代してトップを追う。

ガソリンがフルタンク+新品タイヤでなかなかペースの上がらなかったジョシュだが、再びペースアップして周回を重ねる。その後のグレッグも3番手をキープして走行。

しかし、グレッグの後半から明らかにタイムが落ち、エンジンから異音が認められたことから、次回の交代でガソリンタンクを交換する作業を行いジョシュに交代した。この時点、約100周3時間半経過の17時過ぎで7番手まで後退。

しかし、原因はそれではなかったため、急遽ジョシュが数周した後に再び緊急ピットイン。徹底的な原因究明をすべくピット内ではチームクルー総出でマシンを解体。

1時間弱の作業で原因が特定されてダミアンが再度コースインしたのが18時10分頃。順位は走行している車両の最後尾、26位まで滑り落ち、このレースでの表彰台はおろか、鈴鹿8耐での逆転チャンプの可能性まで無くなってしまった。

トラブルの原因は、点火系コードの断線という思いもかけないもの。レースはすでに折り返しを過ぎて5時間を経過しようとしている。それでも、その時その場所にいなければ、結果を残すことはできない、という当たり前の思考で諦めることなく、残り時間の先にあるゴールを目指してチーム全員が取り組んだ。

→全文を読む

情報提供元 [ TSR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
  4. SHOEIは、「J・O NOSTALGIA(ノスタルジア)」を2019年3月に発売する。 …
ページ上部へ戻る