ホンダ、原付二輪2017年度のイメージキャラクターに「ゴールデンボンバー」を起用

ホンダは、若者を中心に幅広い世代から人気を得ている「ゴールデンボンバー」を、2015年度・2016年度に引き続き、2017年度も国内原付二輪のイメージキャラクターとして起用することを発表した。

3年目となる今年は、「Honda×ゴールデンボンバー」による専用ウェブサイト「原チャであそびつくせ」にてオリジナルウェブ番組を展開し、原付二輪の楽しさを発信していく。

Honda×ゴールデンボンバー「原チャであそびつくせ」

ゴールデンボンバーは、Hondaが展開するさまざまなキャンペーンやイベントにおいて、「あそびつくせ!」を発信メッセージとして、原付二輪ならではの生活を楽しむための情報を伝えてきました。
3年目の今年は、世界中で愛され、生産累計1億台を迎える「スーパーカブ」を中心に、原付二輪の楽しみを伝えていきます。

現在公開中の「Honda×ゴールデンボンバー」による専用ウェブサイト「原チャであそびつくせ」では、今後、原付を活用した遊び方に関する360°映像を公開するほか、さまざまな情報を定期的に発信していきます。

■専用ウェブサイト 「原チャであそびつくせ」
>>http://www.honda.co.jp/gentsuki/

「ゴールデンボンバー」プロフィール
・2009年 シングル「女々しくて」をリリース。その後、2013年にオリコンカラオケランキング歴代1位となる51週連続1位を獲得
・2012年 NHK紅白歌合戦に初出場。以降4年連続で出場
・2017年4月5日、表題曲を無料配信し話題となったシングル「#CDが売れないこんな世の中じゃ」をリリース

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る