【新車】ホンダ、50ccスクーター「Dunk」のカラーバリエーションを変更し7/14に発売

Hondaは、上質感と個性を主張するスタイリングに、力強い出力特性と環境性能に優れた50cc水冷エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載したスクーター「Dunk(ダンク)」のカラーバリエーションを変更し、7月14日(金)に発売する。

今回新カラーが追加されたことで、全6色の展開となり、Dunkの個性的なスタイリングをより際立たせる豊富なカラーバリエーションで、若者を中心とした幅広い層の好みに応えられるものとしている。
希望小売価格は、214,920円(税込)から。

新色はツートンカラーのシートや、ブレーキキャリパー、サイドモールなどに専用色を採用

今回のモデルチェンジでは、スポーティーなイメージのマットガンパウダーブラックメタリックと、シルバーを基調にした高級感のあるマットビュレットシルバーの2色を新たに設定。

新色では、ブレーキキャリパー、リアサスペンションスプリング、サイドモール、車名ロゴなどの各部をそれぞれの専用色で塗装するとともに、ツートーンカラーのシートを採用している。

また、継続採用の4色と合わせた全6色の展開となり、Dunkの個性的なスタイリングをより際立たせる豊富なカラーバリエーションで、若者を中心とした幅広い層の好みに応えられるものとしている。

Dunk(マットガンパウダーブラックメタリック)

Dunk(マットビュレットシルバー)

■発売日
7月24日(月)

■カラー/メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
・マットガンパウダーブラックメタリック(新色)
・マットビュレットシルバー(新色)
 220,320円(消費税抜き本体価格 204,000円)

・パールジャスミンホワイト
・キャンディーブレイズオレンジ
・アトモスフィアブルーメタリック
・ポセイドンブラックメタリック
 214,920円(消費税抜き本体価格 199,000円)

■販売計画台数(国内・年間)
5,200台

【ダンク:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る