カワサキが一番乗り!? ABS装着車から「ABS」表記が消える日

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

カワサキは、2018年モデルより、ABS装着車におけるモデル名称から「ABS」を除いた表記に変更することを発表した。

例えば、2017年モデルでは「Ninja 1000 ABS」と表記されていたが、2018年モデルからは「Ninja 1000」と表記される形となる。

2018年からABS義務化へ 国際法規と合わせる形に

今回の件は、国土交通省が2015年の1月に発表したバイクのABS義務化に端を発する。

具体的には、126cc以上のバイクには「アンチロックブレーキシステム(ABS)」、50cc以上125cc以下のいわゆる原付二種には「ABS」か「コンバインドブレーキシステム(CBS)」といった先進制動システムの装備を義務づけるというもの。
また、2016年から欧州でABSが義務化されたことなど、国際法規との歩調を合わせる動きが大きな背景となっている。

ABSおよびCBS装備義務の施行時期は、新型車においては2018年10月1日以降、継続生産車においては2021年10月1日以降。

なお、ABS装着/非装着モデルを平行して販売する期間の表記については、モデル説明等にABSの装着/非装着を記載する事で対応するとしている。

今後はカワサキだけでなくその他のメーカーも製品名表示をどうしていくのか、注目が集まるところだ。

電子制御により、ABSの性能も大きく進化

あらためて「ABS」とは何かを補足しておこう。
ABSとはブレーキロックを防止する装置のことだ。二輪車ではブレーキロックが転倒につながる危険性が高く、特にパニック時や雨天時など滑りやすい路面で発生しやすいため、安全に減速させるための装置だ。

各種センサーがブレーキロックを感知すると、ABSユニットがキャリパー内の液圧を下げてロックを解除する動作を、自動的に連続して行う仕組みになっている。ライダーに対しては、ABSの作動はブレーキレバーの振動などの「キックバック」によって伝えられる。

現在は前後ブレーキを独立して制御する「2チャンネルABS」が主流になっていて、高性能スポーツモデルなどではより自然な感覚で強力なブレーキをかけられる「レースABS」や、車体を深くバンクさせた状態でもABSを安全に作動させて減速可能な「コーナリングABS」なども搭載されるようになってきた。
バイクの姿勢を検知する6軸IMU(慣性計測装置)などの採用がスーパースポーツモデルを中心に始まっており、ABSの制御にも活用され始めているのだ。

さらにABSの解除を任意で選択したり、ABSの介入度を段階的に調整できるシステムも登場するなど、電子制御テクノロジーの急速な進化に伴いABSも日進月歩の発展を続けている。

大型バイクでは前後連動ABSを採用するモデルも

一方、「CBS」は前後のブレーキを連動させるシステムで、スクーターなど小排気量モデルに多く採用されている機構である。仕組みとしては、前後どちらかのブレーキをかけると、もう一方のブレーキにも自動的に最適な制動力を配分することで安全に減速させるものだ。一部の大型モデルにも採用されてきた実績もある。

ちなみにホンダは後ブレーキを操作すると前ブレーキが連動する「CBS」や、前後ブレーキそれぞれが作動し合う「D-CBS」などを開発。BMWは前ブレーキを操作すると後ブレーキが連動するタイプや、前後ブレーキが完全に連動した「フルインテグラル方式」を投入するなど、メーカーによって連動方式や機構は異なっている。

また最近では、操作状況や車輪の回転速度に応じて前後ブレーキの制動力配分を最適化し、万が一の場合は「ABS」も介入させるという電子制御式の「前後連動ABS」なども、大型ツーリングモデルなどを中心に採用されるようになった。

二輪死亡事故の4分の1が防止できる

ABSシステム開発のリーディングカンパニーであるボッシュ社の調査によると、「ABS標準装備化によって生命にかかわる深刻な二輪車事故の4分の1を防止することができる」と発表している。
欧州ではすでに、ABS装着により二輪車死亡事故が減少してきているというデータもあるのだ。

また、モータリゼーションの急速な発展に伴い、二輪車事故が急増している昨今のASEANや南米諸国でも、ABS装着義務化に向けての動きが活発化している。当然、ABSやCBS装着によるコスト負担はユーザーにも関係してくるところだ。
だが、こうした先進制動システムは、初心者を含めたライダーにとっての「安全性」という観点からは疑う余地もなく有用なテクノロジーだろう。

ディスクブレーキやFIなどもそうだったように、かつて特別だった装備が一般的なものとなり普及していくのが世の常だ。その時流を考えると、モデル名から「ABS」が消えるのは喜ばしいことと言えるだろう。

【関連ニュース】
◆カワサキ、2018年モデルよりABS装着車名称から「ABS」を除いた表記へ変更
◆2018年から義務化されるABS。その有効性と、ABS義務化による実際の影響は?
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る