カワサキ、2018年モデルよりABS装着車名称から「ABS」を除いた表記へ変更

ABS/CBS装備義務化に先駆けた対応

カワサキは、2018年モデルより、ABS装着車におけるモデル名称から「ABS」を除いた表記に変更することを発表した。

例えば、2017年モデルでは「Ninja 1000 ABS」と表記されていたが、2018年モデルからは「Ninja 1000」と表記される。

これは、二輪車への先進制動システムである「アンチロックブレーキシステム(ABS)」/「コンバインドブレーキシステム(CBS)」の装備義務化に先駆けた対応となる。装備義務化は2018年より適用される予定だ。

【関連ニュース】
2018年から義務化されるABS。その有効性と、ABS義務化による実際の影響は?

なお、ABS装着/非装着モデルを平行して販売する期間の表記については、モデル説明等にABSの装着/非装着を記載する事で対応するとしている。

以下公式サイトより


1.変更内容

2018年モデルよりABS装着車はモデル名称から“ABS”を除いて表記させていただきます。

例)

2017年モデル:Ninja 1000 ABS ⇒ 2018年モデル:Ninja 1000
2017年モデル:Z1000 ABS ⇒ 2018年モデル:Z1000

2.変更理由

二輪車への先進制動システム(アンチロックブレーキシステム(ABS)/コンバインドブレーキシステム(CBS))の装備義務付け(新型車:平成30年10月1日以降、継続生産車:平成33年10月1日以降)に先駆け、表記を変更させていただきます。

3.ABS非装着モデルについて

ABS装着/非装着モデルを平行して販売する期間の表記についてはモデル説明等にABSの装着/非装着を記載する事で対応させていただきます。

【関連ニュース】
【新車】カワサキ、アグレッシブなデザインを継承した「Ninja 650」の2018年モデルを発売
【新車】カワサキ、ライトウェイトスーパーネイキッド「Z650」の2018年モデルを発売

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る