【新車】カワサキ、アグレッシブなデザインを継承した「Ninja 650」の2018年モデルを発売

Ninjaシリーズを象徴するスポーティな新色が登場

カワサキは、アグレッシブなデザインを継承した「Ninja 650」の2018年モデルを8月1日から発売する。

軽快且つエキサイティングな走りが楽しめるNinja 650。シャープでアグレッシブなデザインはNinjaシリーズを象徴するスポーティなイメージを創出している。

649ccパラレルツインエンジンは、低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいマシンキャラクターとなっている。

また、シャーシは軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現。扱いやすくトルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションにおいてその真価を発揮する。

2017年モデルからの主な変更点はカラー&グラフィック。2018年モデルの新色として「キャンディプラズマブルー×エボニー」が登場した。なお、「メタリックスパークブラック」のグラフィックには変更が加えられていない。

「Ninja 650」2018年モデル

メーカー希望小売価格:807,840円
(本体価格748,000円、消費税59,840円)

【キャンディプラズマブルー×エボニー】

170629_65

【メタリックスパークブラック】

170629_68

※実際のモデルにはリヤフェンダーにリフレクターは装着されていない。

Ninja650 開発リーダーインタビュー


▲映像には2018年モデル以外の車体が登場します

Ninja650 製品評価ライダーインタビュー


▲映像には2018年モデル以外の車体が登場します

【Ninja 650:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
【関連ニュース】
カワサキ、2018年モデルよりABS装着車名称から「ABS」を除いた表記へ変更

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  2. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  3. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
  4. バイクのタンクカバーやシートバッグなどを製造するフランスのブランドであるバグスターは、シート…
ページ上部へ戻る