世界遺産をめぐる岐阜の旅へ!NEXCO、速旅「快走G(ギフ)割!岐阜県周遊ドライブプラン」を発売

170629_57

優待特典とあわせてさらにお得に

NEXCO中日本は、7月1日(土)から11月30日(木)までの期間、岐阜県内の高速道路が定額で乗り放題となるETC車限定の「速旅 快走G(ギフ)割!岐阜県周遊ドライブプラン」を発売する。

このドライブプランは岐阜県との連携により、県内の観光振興や高速道路の利用促進を目的として発売するもので、岐阜県内の高速道路(一部区間を除く)が連続する2日間乗り放題となる。

また、静岡県西部周辺から出発するユーザーには、岐阜県までの往復の高速道路料金をセットにしたプランも用意されている。利用内容によっては、通常の高速道路料金に比べ、約40%割引で旅行できるお得な商品だ。

これに加え、優待特典が受けられる「清流の国ぎふ 世界に誇る遺産周遊クーポンラリー」をあわせて利用することで、さらにお得な岐阜の旅を楽しめる。

以下プレスリリースより


1.期間

2017年7月1日(土)~2017年11月30日(木)
※ただし、8月11日(金)~8月16日(水)を除く

2.対象車両

ETCでご利用の普通車・軽自動車等(二輪車含む)

3.販売プラン・価格
(いずれも連続する最大2日間ご利用可能)

※コースの詳細は別紙-1「販売プラン・価格一覧表」をご覧ください。

4.ご利用方法

ご利用開始前までにNEXCO中日本公式WEBサイトからお申込みください。
(6月16日(金)15時より受付開始)

5.「清流の国ぎふ 世界に誇る遺産周遊クーポンラリー」について

本ドライブプランご利用のお客さまなどを対象としてお得な優待特典が受けられる「清流の国ぎふ 世界に誇る遺産周遊クーポンラリー」を岐阜県により実施します。

専用リーフレットは、優待特典の対象となる県内12施設、および県内6箇所のSA・PAで配布します。

あわせて、本ドライブプランお申込みのお客さまを対象に、お得なサービスが受けられる宿泊プランが「楽天トラベル」および「じゃらんnet」より販売されます。詳細は、NEXCO中日本公式WEBサイト「高速道路料金割引プラン」のページをご覧ください。

6.その他

より楽しく岐阜県内を周遊いただけるよう以下の冊子やWEBサイトにおいて、本ドライブプランでご利用いただけるおすすめ観光スポットやイベント、季節限定の美味しいグルメなどをご紹介していきます。ぜひご覧いただき、旅の計画にお役立てください。

・「岐阜っぽ。」(岐阜県発行のフリーペーパー)
(岐阜県内の主な観光施設や東海北陸地方の主なサービスエリアなどで配布しております)

・「ぎふの旅ガイド」(岐阜県観光連盟WEBサイト)
http://www.kankou-gifu.jp/

・「GiFUMATiC(ギフマチック)」
http://gifumatic.com/
※当社も協賛・協力する「岐阜の魅力を新たに発信する」観光情報サイトです。

7.お得なご利用例

◆ご利用例1(A.【浜松エリア発着】岐阜県周遊コースの場合)

浜松I ⇒ 大垣IC・・・【養老天命反転地】
大垣IC  ⇒ 郡上八幡IC・・・【鍾乳洞、食品サンプルづくり体験】
郡上八幡IC ⇒ 関IC・・・【長良川温泉(泊)、鵜飼観覧】
関IC  ⇒ 美濃加茂IC・・・【杉原千畝記念館】
可児御嵩IC  ⇒ 中津川IC・・・【馬籠宿】
中津川IC ⇒ 土岐南多治見IC・・・【テラスゲート土岐、土岐プレミアム・アウトレット】
土岐南多治見IC ⇒ 浜松IC

通常料金:13,800円(ETC・普通車・平日昼間利用の場合)
⇒ 浜松発着岐阜県周遊コース料金:9,000円
4,800円お得(約35%割引)

◆ご利用例2(C.岐阜県周遊コースの場合)

一宮IC ⇒ 白川郷IC・・・【白川郷】
白川郷IC ⇒ 飛騨清見IC・・・ 【高山や飛騨古川の古い町並・宿泊】
飛騨清見IC ⇒ 美濃IC・・・【美濃和紙の里会館】
美濃IC ⇒ 一宮IC

通常料金:8,140円(ETC・普通車・平日昼間利用の場合)
⇒ 岐阜県周遊コース料金:5,000円
3,140円お得(約39%割引)

【参考資料】「速旅 快走G割!岐阜県周遊ドライブプラン」の詳細

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る