レンタル819、東北復興協力企画で盛岡発 東北ツーリング ファムトリップを実施し東北の魅力をPR

オートバイのレンタルサービス「レンタル819」を全国展開するキズキレンタルサービスは、「復興のために私たちができること」として、岩手県の魅力を紹介して走るオートバイツーリングのファムトリップ(Familiar Trip=招聘ツアー)を7月7日(金)~9日(日)に実施する。

参加ライダーは、全国の女性ライダーで構成されている『バイク女子部』から6名を招待。国内メディアとバイク専門誌各媒体のほか、台湾メディア5社も同行し、国内外のライダーに東北(岩手県)の魅力をアピール。
東北にライダーを呼び寄せることで復興支援・東北観光活性化に協力する。

【関連ニュース】
◆レンタルバイクで東北復興支援!レンタル819キズキ、JR東日本レンタリースと連携したサービスを開始

以下プレスリリースより

東北ツーリングFam Trip 実施の背景

2月22日に復興庁が発表した「ライダーが被災地を目指すツーリングなどを東日本震災復興支援に役立てる用意がある」という会見を受け、レンタル819は復興庁や東北エリアの観光協会と協力し合い、ライダー誘致を行っています。

第一弾は2016年11月に実施した福島ツアーで、台湾人ライダー約20名をツーリングに招き、福島の魅力を堪能していただき、SNS等でその魅力が広まっています。
今回は東北支援第二弾という位置付けとし、絶好のツーリングスポットを楽しみながら、世界遺産の平泉や気仙沼にある奇跡の一本松などを訪れます。

東北へツーリングに出かけよう

復興を加速化させるためには、被災地に人を呼び込み地域経済を活性化させることが重要です。
東日本大震災の際、救助機関やボランティアが、オートバイを活用して安否確認や医薬品の運搬などで活躍しました。また、福島への観光客が激減する中、ツーリング客はそれほど減らなかったとも言われています。
復興庁では、2016年を「東北観光復興元年」と位置付け、観光復興の取組を強化しています。そこで、バイクライダーの力を借りて、東北観光復興に取り組んでいくこととし、復興庁が東北へのバイクツーリングをプロモーションする統一のキャッチコピー及びロゴマークを作成しました。
オートバイ業界をはじめ観光業界、東北の自治体等に積極的に活用を呼びかけ、東北へのバイクツーリングの機運を高めていきます。
(復興庁WEBサイトから抜粋)

▲『東北の風』ロゴマーク

>>復興庁Webサイト

レンタルバイクならではの企画内容

参加者は東京駅に集合し新幹線で盛岡駅へ。オートバイは盛岡駅構内にある「レンタル819駅レンタカー盛岡営業所店」の車両を利用するという、『新幹線&レンタルバイクで行く東北ツーリング2泊3日の旅』と称し、遠隔地での気軽なツーリングをご提案します。

■行程および立寄り地(予定)
日程 :2017年7月7日(金)~9日(日) 2泊3日
行程 :JR東京駅出発(東北新幹線)→JR盛岡駅(オートバイ)→
    三陸海岸→盛岡駅→東京駅
目的地:平泉、気仙沼、遠野、久慈、八幡平などを予定

■観光協会によるウェルカム・セレモニー
岩手県の観光協会によるウェルカム・セレモニーを実施予定。ライダーを暖かく迎え入れていただきます。(実施場所・日程未定)

情報提供元 [ レンタル819 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る