BMW、鈴鹿8耐に参戦するBMW Motorrad 39チームをオフィシャル・スポンサーとして支援

▲※画像はS 1000 RR市販モデル

鈴鹿8耐にBMWのオフィシャル・チームが参戦!

ビー・エム・ダブリューは、2017年、2018年、2019年に実施される鈴鹿8時間耐久レースに参戦するBMW Motorrad 39チームをオフィシャル・スポンサーとして支援することを発表した。

現在、Motorrad 39は全日本ロードレース選手権に参戦中だが、鈴鹿8耐にはBMWのオフィシャル・チームとして参戦することになる。

BMW Motorrad 39の目標は、日本市場におけるスーパースポーツ・バイクのベストセラー・モデルであるBMW S 1000 RRで、FIM世界耐久選手権の一部である鈴鹿8耐に参戦し、マシンの高いポテンシャルを示し、好成績を収めることにある。

この目標を達成するため、BMWドイツ本社からの全面的なサポートを、BMW日本法人を通じて行なうこととした。

なお、鈴鹿8耐に参戦するBMW Motorrad 39の3人のライダー全ては、BMW S 1000 RRのマシンを使用し、各々の母国においてレースに参戦している。

以下プレスリリースより


BMW Motorrad 39より参戦予定のライダー

酒井大作

FIM世界耐久選手権ワールド・チャンピオン: 2011年
現在: 日本でJSB 1000に参戦中

ラファエレ・デ・ロサ

FIMスーパーストック1000カップ・チャンピオン: 2016年
現在: スーパーバイク世界選手権に参戦中

クリスチャン・イドン

FIMスーパーモト世界選手権第3位: 2007年
現在: ブリティッシュ・スーパーバイク選手権に参戦中

2011年FIM世界選手権チャンピオン酒井大作のコメント

母国、日本でBMWのオフィシャル・チームに認められることになり、とても光栄に思います。すでに日本のBMW Motorradからの支援を受けてBMW S 1000 RRというマシンを良く知っていますが、ドイツ・ミュンヘンのBMW Motorradモータースポーツからも直接的なサポートを受けることになりました。

これは、自分たちとマシンにとって、レースでの成功に向けた絶大な追い風となります。そして、デ・ロサさん、イドンさんという二人の偉大なBMWのライダーと共に走ることができるのは、自分にとってとても名誉なことです。

BMW Motorrad本部長リー・ニコルスのコメント

日本におけるBMW Motorradブランドのスポーティさをよりダイナミックに認知していただく手段として、日本におけるBMWモーターサイクルのモータースポーツ活動を支援することは理想的な機会と言えます。

BMW S 1000 RRは、日本において、この数年間でかなりの台数を販売していますが、市場競争はこれまで以上に厳しくなっています。

日本のモータースポーツにおける当社の存在感を高め、BMW S 1000 RRが現在、日本市場における最高のオールラウンド・スポーツバイクであることを証明したいと思います。

Motorrad 39について

Motorrad 39は、ライダーでもある酒井大作がチームオーナーを務めるプライベートチームである。2012年実施の全日本選手権第2戦鈴鹿2&4レースに、BMW S 1000 RRをほぼ市販車の状態で参戦し、決勝レースで10位という好成績を残し、会場にいた観客を沸かせただけでなく、レース関係者からも賞賛された。

その後、鈴鹿8時間耐久ロードレースには毎年参戦している。2014年からは全日本ロードレース選手権JSB1000クラスにもシリーズ参戦を果たし、並み居るファクトリーチームの中で常に上位グループで善戦している。スポンサー企業は、以下の通りである。(順不同)

株式会社ブリヂストン
株式会社ショーワ
株式会社マジカルレーシング 
日本特殊陶業株式会社
株式会社プロト
大同工業株式社
サンスター技研株式会社
株式会社アクティブ
日本特殊螺旋工業株式会社
TASレーシング

情報提供元 [ BMW Japan ]

関連記事

ページ上部へ戻る