[MFJ]JRR Rd.5 J-GP3 伊達悠太が激戦を制し今シーズン2勝目

170626_03

最終ラップまで続いた激戦を制す

レース序盤は小室旭、長谷川聖、宇井陽一、古市右京がトップグループを形成していたが、レース終盤に入ると後方から伊達悠太、佐野勝人、中島元気、安村武志が追い付きトップグループは8台にふくれ上がる。

後方から追い上げて来た伊達は、残り4周でトップに浮上。その勢いのまま2番手以下を引き離しにかかる。そうはさせじと小室が追い、最終ラップの1コーナーでトップを奪う。

その後も抜きつ抜かれつのバトルを展開してきた2台の勝負は、第2ヘアピンで前に出た伊達が制し今シーズン2勝目をマーク。小室は悔しい2位。3位に佐野が入り、全日本初表彰台。以下、古市、長谷川、中島、安村、宇井と続いた。

AUTOPOLIS J-GP3 “After The Race” Interview

J-GP3 リザルト(上位10名)

1 64 伊達悠太 Honda 13 26’39.279
2 17 小室旭 Honda 13 +0.152
3 33 佐野勝人 PRCS 13 +0.199
4 7 古市右京 KTM 13 +0.673
5 13 長谷川聖 Honda 13 +1.050
6 34 中島元気 Honda 13 +1.379
7 3 安村武志 PRCS 13 +3.137
8 41 宇井陽一 IODA 13 +5.313
9 11 太田虎之進 Honda 13 +25.725
10 14 高杉奈緒子 Honda 13 +26.05

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  2. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  3. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
  4. トライアンフ史上最高にパワフルなモデルに新色登場 トライアンフモーターサイクルズジャパンは…
ページ上部へ戻る