[MFJ]JRR Rd.5 ST600 國峰啄磨が独走でクラス初優勝を達成

170626_02

2番手以下を引き離し独走勝利

ホールショットは名越哲平が奪うが、すぐに國峰啄磨がトップを奪うとレースをリード。ジリジリと2番手以下を引き離し独走体制を築くと、そのまま13周を走り切り、うれしいST600クラス初優勝を達成した。

2位争いは激しいバトルとなったが、スポット参戦のハジ・アマッド・ユディスティラが制した。3位に名越哲平が入り、今シーズン初表彰台。以下、奥田教介、星野知也、和田留佳と続いた。ポイントリーダーの前田恵助は7位。これを追う岡本裕生は、10位でゴールした。

AUTOPOLIS ST600 “After The Race” Interview

ST600 リザルト(上位11名)

1 50 國峰琢磨 Honda 13 25’22.336
2 73 A.ユディスティラ カワサキ 13 +8.045
3 3 名越哲平 Honda 13 +8.122
4 57 奥田教介 カワサキ 13 +8.485
5 46 星野知也 Honda 13 +11.810
6 15 和田留佳 カワサキ 13 +14.244
7 5 前田恵助 ヤマハ 13 +15.632
8 13 山元聖 ヤマハ 13 +16.169
9 17 亀井雄大 Honda 13 +16.298
10 52 岡本裕生 ヤマハ 13 +16.700
11 64 田尻悠人 Honda 13 +19.511

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る